ハリウッド映画版「ハローキティ」の脚本家が決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年7月5日 > ハリウッド映画版「ハローキティ」の脚本家が決定
メニュー

ハリウッド映画版「ハローキティ」の脚本家が決定

2019年7月5日 16:00

リンジー・ビアー

リンジー・ビアー
[拡大画像]

[映画.com ニュース]米ニューライン・シネマが準備を進めるハリウッド映画版「ハローキティ」の脚本家を、リンジー・ビアー(「カオス・ウォーキング(原題)」)が執筆することになったと、米ハリウッド・レポーターが報じている。

同作は世界中で愛される日本発の人気キャラクター、ハローキティのハリウッド映画版で、米ニューライン・シネマとフリン・ピクチャーズ、サンリオの共同製作。CGアニメになるのか、実写映画になるのかは現時点では明らかになっていない。

このたび、同映画の脚本を新進女性脚本家のリンジー・ビアーが手がけることが発表された。ビアーは、トム・ホランドデイジー・リドリー共演のSF映画「カオス・ウォーキング(原題)」や、Netflixのオリジナル映画「シエラ・バージェスはルーザー」、「ワイルド・スピード」のスピンオフなどを執筆している注目株。先日、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」のニコール・パールマン、「キャプテン・マーベル」のジェニーバ・ロバートソン=ドワレットという女性脚本家と共同で、「ノウン・ユニバース」という製作会社を立ち上げている。映画版「ハローキティ」では、ビアーだけでなく、パールマンとロバートソン=ドワレットが製作総指揮に名を連ねることになる。

カリフォルニア・ダウン」や「ランペイジ 巨獣大乱闘」「スカイスクレイパー」などドウェイン・ジョンソン主演の一連の大作を手がけるフリン・ピクチャーズのボー・フリン(「スカイスクレイパー」)が、プロデューサーを務めるという。

(映画.com速報)
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ] ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,456 全員が犯罪歴をもつお尋ね者たちがチームを組み、銀河滅亡の危機を阻止する戦いに巻き込まれていく姿を描いたマーベルコミックの映画化作。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 存在のない子供たちの評論 存在のない子供たち 「存在のない」少年の告発のまなざしは、すべての大人に向けられている
  • マーウェンの評論 マーウェン 現実と虚構をVFXで融合させる名手、R・ゼメキスが出会った箱庭の心象風景
  • アルキメデスの大戦の評論 アルキメデスの大戦 戦艦大和沈没のフェティッシュな描写が、作品の全体像をも脅かす
映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報