中村梅雀×津田寛治「山中静夫氏の尊厳死」 限られた人生と向き合う男の生き様を描く

2019年7月4日 08:00

現役の医師でもある南木佳士氏の同名小説が原作
現役の医師でもある南木佳士氏の同名小説が原作

[映画.com ニュース] 中村梅雀津田寛治がダブル主演を務める映画「山中静夫氏の尊厳死」が、9月21日から物語の舞台となった長野県での先行上映を経て、2020年に全国で公開されることがわかった。信州の豊かな自然とともに、限られた人生と向き合う男の生き様を描く。

「ダイヤモンドダスト」「阿弥陀堂だより」などで知られ、現役の医師でもある南木佳士氏の同名小説が原作。肺がんを患う山中静夫(中村)は、自宅がある静岡から信州へとやってきた。医師の今井(津田)は、がんが既に腰の骨と肝臓に転移しており、山中が末期の状態であることを知る。付き添う家族の負担を考え、今まで通り静岡の病院での治療を勧めるが、山中は「どうせ死ぬんだったら生まれ育った信州の山を見ながら楽に死にたい」と最期の願いを伝える。

中村と津田のほか、高畑淳子田中美里浅田美代子が共演し、人生の意味を見つめる物語を紡ぐ。メガホンをとるのは、「しあわせになろうね」「育子からの手紙」の村橋明郎監督。がんの闘病経験があるシンガーソングライター・小椋佳が、主題歌「老いの願い」を書き下ろした。

山中静夫氏の尊厳死」は、9月21日から長野・佐久アムシネマで先行上映。20年に東京・シネスイッチ銀座ほか全国で順次公開される。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース