阿弥陀堂だより

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
16%
47%
21%
11%
5%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

東京の暮らしに疲れ果てた一組の夫婦が、大自然の暮らしの中で再生していく姿を描いたヒューマン・ドラマ。監督は「雨あがる」の小泉堯史。南木佳士の同名小説を基に、小泉監督自らが脚色。撮影を「雨あがる」の上田正治が担当している。主演は、「東京マリーゴールド」の寺尾聰と「女殺油地獄」の樋口可南子。第76回本誌日本映画ベスト・テン第7位、日本映画助演女優賞(北林谷栄)、日本映画新人女優賞(小西真奈美)受賞、第26回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞(北林谷栄)、新人俳優賞(小西真奈美)、優秀作品賞、優秀監督賞、優秀主演男優賞(寺尾聰)、優秀主演女優賞(樋口可南子)、優秀脚本賞、優秀撮影賞、優秀照明賞、優秀編集賞、優秀録音賞、優秀美術賞、優秀音楽賞受賞、第57回毎日映画コンクール日本映画優秀賞、音楽賞受賞、第45回ブルーリボン賞新人賞(小西真奈美)受賞、第26回山路ふみ子文化賞(北林谷栄)受賞、日本ペンクラブ賞会員選出ベスト5日本映画第2位、2003年度文化庁優秀映画賞日本映画復興奨励賞受賞。

2002年製作/128分/日本
配給:東宝=アスミック・エース

ストーリー

春、売れない小説家の孝夫は、パニック障害なる原因不明の心の病にかかった妻で女医の美智子の療養の為、ふたりで東京から彼の故郷である信州に移り住む。無医村であったその村で、週3回の診療を始める美智子。やがて彼女は、自然に囲まれたシンプルな暮らしの中、阿弥陀堂という村の死者が祀られたお堂に暮らす96歳のおうめ婆さんや、村の広報誌に彼女が日々思ったことをまとめたコラム「阿弥陀堂だより」を連載している、喉の病で喋ることの出来ない娘・小百合、孝夫の恩師で癌に体を蝕まれながらも死期を潔く迎えようとしている幸田とその妻・ヨネらとの触れ合いを通し、次第に心癒されていくのであった。夏、小百合の病状が悪化していることが判明した。彼女の手術担当医として再びメスを握ることを決意した美智子は、町の総合病院の若き医師・中村と協力して、見事、手術に成功する。秋、幸田が静かに息を引き取った。冬が過ぎ、再び春がやって来る。今やすっかり病を克服した美智子のお腹の中では、孝夫との間に出来た新しい命が息づいていた。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

監督
脚色
小泉堯史
原作
南木佳士
製作総指揮
原正人
椎名保
プロデューサー
柘植靖司
荒木美也子
桜井勉
撮影
上田正治
セカンド・カメラマン
北澤弘之
実景撮影
角井孝博
山田康介
砂原洋一
美術
村木与四郎
酒井賢
装飾
菊地章雄
音楽
加古隆
録音
紅谷愃一
音響効果
斎藤昌利
照明
山川英明
編集
阿賀英登
衣裳
長野陽子
福田明
製作主任
松村龍一
助監督
酒井直人
スチール
松村映三
「阿弥陀堂だより」製作委員会
石橋隆文
鎌谷照夫
永瀬文男
宮川鑛一
田村雄二
小野清司
江川信也
衣裳協力
黒澤和子
全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第26回 日本アカデミー賞(2003年)

受賞

助演女優賞 北林谷栄

ノミネート

作品賞  
監督賞 小泉堯史
脚本賞 小泉堯史
主演男優賞 寺尾聰
主演女優賞 樋口可南子
音楽賞 加古隆
新人俳優賞 小西真奈美
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

3.5真の主人公は婆さんである。さしずめ阿弥陀ババア(笑)北林谷栄の演技...

2019年6月1日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

真の主人公は婆さんである。さしずめ阿弥陀ババア(笑)北林谷栄の演技力がすごい。

冒頭、協力 浄土宗ってのを見た時に嫌な予感がした。何も起こらぬゆるゆる系、1時間が過ぎやっと来たと思ったら大事件の割にはなんともあっさり。

あまり気張らずに生きていこう、ということか。

樋口可南子が風景と同じくらい美しい。昔◯ー◯写真集持ってたな。物言わぬ小西真奈美もかわいい。でも最後しゃべったよな、どういうこと?
偽の主人公寺尾聡、ありゃもうただのヒモじゃん。普通なら強烈な自虐に苦しむかも。私は喜ぶ(笑)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
はむひろみ

3.5日本の四季

kossyさん
2018年10月21日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 日本の四季の美しさを堪能できる作品だ!効果音も素晴らしい。春は小鳥のさえずり、夏は蝉の鳴き声(しかも、ミンミンゼミ、蜩、ツクツクホウシを順番に登場させている)等、絵と音で観客を魅了する。長野の自然は美しい。段々畑と遠景の山々。日本の良さを見せつけてくれたのだ。 また、生きること死ぬことの意義を爽やかに教えてくれる。「良い死に方というのは良く生きるということ」なんて人生訓のようだ。

 俳優陣の演技も素晴らしかった。特におうめ婆さんの北林谷栄、絶品でした。口がきけない役の小西真奈美もよかった。
 気になる点もあった。浄土宗の宗教色が出過ぎていることと、結局は長寿こそが生きる価値であるかのような主張。これはストーリーの中で相反するようであった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

2.5眠くなるか味があるか、と意見が分かれるところ。 自分としてはそこま...

2017年6月30日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

眠くなるか味があるか、と意見が分かれるところ。
自分としてはそこまでの感情動かされるほどではなかった。

ただ、とても丁寧に作られているのがよく分かる。
季節・それぞれの感情・相手を思う生き方、それが画面によくあらわれていた。

地域の人のココロの拠り処とする阿弥陀堂を守りするばーちゃん。
それは昔ながらの近所付き合いが残る地域であるが、そういう光景は今はかなり少なくなったのでは。

信仰は個人の自由であるが、地域で根付いてきたものを風習(祭り)とともに大切にしている光景は忘れてはならない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
キッスィ

4.0いいお湯・・遠くを見ることなんて忘れてた

shimoさん
2014年1月11日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
shimo
すべての映画レビューを見る(全4件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「阿弥陀堂だより」以外にこんな作品をCheck-inしています。