世界最速上映された「スパイダーマン」新作、徹底した情報管理に吹替え声優も驚き

2019年6月28日 12:00

榎木淳弥が駆けつけた
榎木淳弥が駆けつけた

[映画.com ニュース] マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の“フェイズ3”を締めくくるアクション超大作「スパイダーマン ファー・フロム・ホーム」の世界最速上映を記念し、6月27日に東京・TOHOシネマズ新宿でカウントダウンイベントが行われた。

同日、国内での最終上映を迎えた「アベンジャーズ エンドゲーム」、その後の世界を描いた「スパイダーマン ファー・フロム・ホーム」を、配給会社の垣根を超えて連続上映する特別興行。イベントは「アベンジャーズ エンドゲーム」の上映が終わった23時30分過ぎから行われ、「スパイダーマン ファー・フロム・ホーム」の主演を務めるトム・ホランドからのメッセージ映像をお披露目。さらに日本語吹替え版で、スパイダーマン/ピーター・パーカーを演じる声優の榎木淳弥が駆けつけた。

「ついにこの日が来ました。ドキドキですね」と興奮を隠せない榎木。スパイダーマンを演じるのは本作が5度目となり「光栄なこと。魅力は“親愛なる隣人”という言葉に尽きる。等身大のヒーローが悪に立ち向かう姿が、共感を生んでいる」と語った。MCU作品といえば、徹底した情報管理でも知られており「台本すらもらえず、収録中にセリフと映像が3回も変わりました。だから、僕だけが知っているシーンもあるんです」と驚きの舞台裏を明かした。

一方、アイアンマン/トニー・スタークが命を落とす「アベンジャーズ エンドゲーム」の結末については「まさか、あんなことが起こると思わず、収録していても辛いものがあった」といい、「(スタジオの)ディレクターさんも泣いていました」と振り返った。特製フィギュアが当たるプレゼント抽選会には、スパイダーマンもサプライズ登場。そして、6月28日深夜0時に「スパイダーマン ファー・フロム・ホーム」の世界最速上映がスタートした。

前作「スパイダーマン ホームカミング」に続いてジョン・ワッツが監督を務めた本作。夏休みに友人たちとヨーロッパ旅行に出かけたピーターが、「別の世界」からやってきたという謎多き新ヒーロー・ミステリオと共闘し、欧州各地で暴れる自然現象の力を操るクリーチャーと対決する。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース