「スパイダーマン」最新作の撮影現場に潜入!トム・ホランドが新コスチュームについても言及 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年6月3日 > 「スパイダーマン」最新作の撮影現場に潜入!トム・ホランドが新コスチュームについても言及
メニュー

「スパイダーマン」最新作の撮影現場に潜入!トム・ホランドが新コスチュームについても言及

2019年6月3日 15:00

撮影現場に潜入!「スパイダーマン ファー・フロム・ホーム」

撮影現場に潜入!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] この夏、全米の映画ファン最大の期待作とも言われる「スパイダーマン ファー・フロム・ホーム」がいよいよ日本に上陸する。アメリカよりも4日早い最速の6月28日から全国で公開される。ぎりぎりまで断片的な情報しか流れてこない本作だが、昨年の夏に行われていた撮影の最も壮観なシーンのひとつを映画.comは目撃している。そのときの模様を、現場でインタビューに応じてくれた主要キャストのコメントと、最新情報を織り交ぜながらお届けしよう。(取材・文/佐藤久理子)

小規模なプレス一行が目指したのは、英ロンドンのリーブスデン・スタジオ。この広大な敷地の一角に、ベネチアの運河が作られていたのだ。そもそもなぜスパイダーマンがベネチアにいるのかといえば、ピーター・パーカー(トム・ホランド)と学友たちが、夏休みのスクールトリップでヨーロッパを旅行するというストーリーのため。だが、かつてアベンジャーズを率いていたニック・フューリー(サミュエル・L・ジャクソン)がピーターを追いかけてきて、彼にミステリオ(ジェイク・ギレンホール)と共に地球を救うよう命じる。


画像2

[拡大画像]

この日、我々を迎えてくれたエグゼクティブ・プロデューサーのエリック・キャロルはこう語る。「これはスパイダーマンが、地元ニューヨークのみならずアメリカを出る初めての“インターナショナル・スパイダーマン映画”なんだ。彼らはスクールトリップでベネチア、プラハなど、ヨーロッパの代表的な都市を回る。15歳だった前作からあまり変わらないピーターは、まだまだ友たちと遊びたい無邪気なハイスクール・キッズだが、ニックにリクルートされ、ミステリオと組んでヨーロッパを攻撃する新たな敵と戦うように言われる。原作ではミステリオは悪役だが、本作のなかでは善玉なんだ」

今回の最強の敵は、ザ・エレメンタルズと呼ばれる、火、水、風(空気)、土の4つのクリーチャーたち。ピーターたちが、呑気にベネチアの観光を楽しんでいるときに突如街を襲うのが、水のクリーチャーなのである。

撮影現場に足を踏み入れるや目に入ったのは、ベネチアのランドマークのひとつであるリアルト橋のセット。橋の上には土産もの屋が立ち並び、途中でブルーバックに変わっていなければ、本物と見紛うほど細部まで凝っている。前作から続投するジョン・ワッツ監督のかけ声とともにカメラが回ると、モーターによってタンクの水に波が沸き起こり、橋のたもとにいたピーターや親友のネッド(ジェイコブ・バタロン)、MJ(ゼンデイヤ)らが、見えない敵を見上げながら叫び声をあげて逃げ出す。クリーチャーはすべてCGで作られるため、かなりスペクタキュラーなシーンになりそうだ。


画像3

[拡大画像]

テイクの合間に取材に応じてくれたホランドはこう語る。「前作に比べて今回はずっとスケールが大きく、ワールドワイドだ。今回はさらに新しいコスチュームも登場するよ。全身真っ黒で、スパイダーマンが自分のアイデンティティを隠すためのものだ。僕にとって便利だったのは、トイレに行くのにもう脱がなくてよくなったことだね(笑)」

さらに、以前から尊敬していたというギレンホールとの共演について、嬉々として語る。「ずいぶん前から共演したい憧れの人のひとりが彼だったんだ。まさか『スパイダーマン』でその機会が訪れるなんて思ってもいなかったから、知ったときはとてもナーバスになったよ(笑)。でも僕たちはオフスクリーンでも友だちになった。彼のすごいところは、オンとオフの切り替えが端からはわからないところ。だからときどき、彼が僕に笑っているのかと思ったら、演技だったということもある(笑)」

残念ながら、この日はギレンホールの出番はなかったが、彼のコスチュームを見ることができた。映画の1シーンで、ピーターの学友から「アイアンマンとソーを足した感じ」と突っ込まれるミステリオの衣装は、古代ローマ戦士の衣装を未来的にした雰囲気で、ケープの下の前面部は蛍光ライトが植え込まれている。これに頭部の、クリスタルに光る球体がCGによって加えられるという。ギレンホールは衣装をとても気に入って、ずっと身につけていることが多かったそうだ。


画像4

[拡大画像]

一方、エレメンタル・クリーチャーズとの壮絶な戦いとパラレルに進行する、ピーターとMJの接近も気になる。MJ役のゼンデイヤは「前作に比べて、彼女の重要性が増しているの。前作ではちょっと変わった女の子だったけれど、もう少し彼女のいろいろな面が見えてきて、実際はクールな女の子だってわかる(笑)。でも彼女もピーターもまだ16歳だから、『このフィーリングは何?』って戸惑っているようなところがあるのよ」と明かす。

果たしてふたりの仲はどうなるのか、そして重大な任務を任されたピーターとミステリオの、クリーチャーたちとの戦いの行方は。全貌を目にできるのはもうすぐだ。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 存在のない子供たちの評論 存在のない子供たち 「存在のない」少年の告発のまなざしは、すべての大人に向けられている
  • マーウェンの評論 マーウェン 現実と虚構をVFXで融合させる名手、R・ゼメキスが出会った箱庭の心象風景
  • アルキメデスの大戦の評論 アルキメデスの大戦 戦艦大和沈没のフェティッシュな描写が、作品の全体像をも脅かす
映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報