クリント・イーストウッド新作にオリビア・ワイルド、ジョン・ハムが出演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年6月20日 > クリント・イーストウッド新作にオリビア・ワイルド、ジョン・ハムが出演
メニュー

クリント・イーストウッド新作にオリビア・ワイルド、ジョン・ハムが出演

2019年6月20日 12:00

写真提供:アマナイメージズ「ブラック・クランズマン」

写真提供:アマナイメージズ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] アトランタ五輪爆破テロ事件を題材にした米ワーナー・ブラザース製作、クリント・イーストウッド監督の新作「Richard Jewell(原題)」に、オリビア・ワイルドジョン・ハムが出演することがわかった。本作は、ポール・ウォルター・ハウザー(「ブラック・クランズマン」「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」)、サム・ロックウェルキャシー・ベイツの出演がすでに決定している。

「Richard Jewell(原題)」は、1996年のアトランタ五輪開催中に爆弾を発見したことで、人生を大きく狂わされた警備員リチャード・ジュエル氏の実話を描く。巡回中に爆弾の入った不審なリュックサックを見つけ、多くの犠牲を未然に防いだジュエル氏は、不可解な点があるとして英雄から一転、マスコミでテロ容疑者扱いされた。のちに真犯人が捕まり無実は証明されたものの、報道によって人生を踏みにじられたジュエル氏は、2007年に44歳の若さで心臓発作により死去した。

映画はハウザーがジュエル役で主演し、サム・ロックウェルがジュエルの弁護士役、ベイツがジュエルの母ボビー役で共演。米Deadlineによれば、ワイルドは事件を報じた実在のレポーター、キャシー・スクラッグス役、ハムはFBI捜査官役を演じる。

脚本は「キャプテン・フィリップス」のビリー・レイが執筆。当初主演を務める予定だったジョナ・ヒルレオナルド・ディカプリオティム・ムーアジェシカ・マイヤー、イーストウッドが共同で製作を手がける。

(映画.com速報)
アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル[DVD] アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル[DVD] 最安価格: ¥3,283 アメリカ人のフィギュアスケート女子選手として初めてトリプルアクセルに成功し、1992年アルベールビル、94年リレハンメルと2度の冬季五輪にも出場したトーニャ・ハーディングのスキャンダラスな半生を、「スーサイド・スクワッド」のハーレイ・クイン役で一躍世界的にブレイクしたマーゴット・ロビー主演で描いたドラマ。
キャプテン・フィリップス[Blu-ray/ブルーレイ] キャプテン・フィリップス[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,295 2009年にソマリア海域で起こった海賊船による貨物船人質事件を、トム・ハンクス主演、「ボーン・アルティメイタム」「ユナイテッド93」のポール・グリーングラス監督で映画化したサスペンスドラマ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 存在のない子供たちの評論 存在のない子供たち 「存在のない」少年の告発のまなざしは、すべての大人に向けられている
  • マーウェンの評論 マーウェン 現実と虚構をVFXで融合させる名手、R・ゼメキスが出会った箱庭の心象風景
  • アルキメデスの大戦の評論 アルキメデスの大戦 戦艦大和沈没のフェティッシュな描写が、作品の全体像をも脅かす
映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報