ダン・スティーブンス主演「陽気な幽霊」映画化にレスリー・マンが出演

2019年6月20日 13:00

レスリー・マン
レスリー・マン

[映画.com ニュース] ノエル・カワードの1941年の戯曲「陽気な幽霊」を、ダン・スティーブンス主演で映画化する新作に、レスリー・マンが出演することがわかった。米Deadlineによれば、ほかにアイラ・フィッシャージュディ・デンチの共演が決定している。

陽気な幽霊」は、再婚した妻ルースと暮らすミステリー小説家のチャールズが、新作の構想のため霊媒師に依頼して降霊会を行ったところ、チャールズの亡くなった前妻エルヴィラの霊を招いてしまうという物語。1945年にデビッド・リーン監督、レックス・ハリソン主演で映画化されている。

新作はチャールズ役をスティーブンス、ルース役をフィッシャーが演じ、エルヴィラ役をマンが演じる。デンチは霊媒師のアーカチ役を演じるようだ。人気ドラマ「ダウントン・アビー」のエド・ホールが監督、ピアース・アッシュワースが脚本を務める。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入
陽気な幽霊[DVD]

陽気な幽霊[DVD]

最安価格: ¥1,100

「幸福なる種族」と同じくデイヴィッド・リーンが監督し、ロナルド・ニームが撮影したテクニカラーのノエル・カワード・シネギルド作品で、同じくリーンとニームがアンソニー・ハヴェロック・アランと協力して、カワード劇を脚色したもの。

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース