三池崇史監督「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019」国際コンペの審査委員長に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年6月7日 > 三池崇史監督「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019」国際コンペの審査委員長に
メニュー

三池崇史監督「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019」国際コンペの審査委員長に

2019年6月7日 16:30

会見に出席した三池崇史、荻上直子、 上田慎一郎ら「初恋」

会見に出席した三池崇史、荻上直子、
上田慎一郎ら
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 最新作「初恋」が第72回カンヌ国際映画祭の監督週間に選出された三池崇史監督が「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019」国際コンペティションの審査委員長を務めることになり、6月7日に都内で行われた記者会見に出席。「審査員はむずがゆいんですけど、審査委員長となれば、もう開き直るしかない」と意気込みを語った。

同映画祭は世界に先駆け、デジタルシネマにフォーカスした次代を担う若手映像クリエイターの登竜門。過去には白石和彌監督(「孤狼の血」)や中野量太監督(「湯を沸かすほどの熱い愛」)らを輩出している。今年はコンペティション部門は国際部門(10本)、国内長編部門(5本)国内短編部門(9本)に分けられ、92の国と地域から、計861本の応募があった。

三池監督はデビューを飾った約30年前を振り返り「当時から、こういう映画祭がもっとあってくれたら、より面白い展開があったのかも」。自身もトロント国際映画祭を皮切りに、いち早く海外で評価された経歴をもつだけに、「作り手は(映画祭を)目標にしているわけではないが、たくさんの人に見てもらえるチャンスをいただける。扉を開いてくれる場だと思う」と語り、「この映画祭に出品して良かったと思ってもらえるような“道”を作れれば。自分自身も刺激を受けるのを楽しみにしている」と期待を寄せた。

会見には三池監督をはじめ、国内コンペティションの審査委員長を務める荻上直子監督、オープニング作品「イソップの思うツボ」を手がけた上田慎一郎監督、浅沼直也監督、中泉裕矢監督、上田清司氏(実行委員会会長/埼玉県知事)、八木信忠氏(映画祭総合プロデューサー)、土川勉氏(映画祭ディレクター)、奥ノ木信夫氏(実行委員会副会長/川口市長)が出席した。

カメラを止めるな!」の旋風も記憶に新しい上田監督をはじめ、同作に関わった浅沼監督、中泉監督の3人は本映画祭が出会いのきっかけだったといい、上田監督は「あれから7年ですか。まさか3人共同監督で、映画を撮るとは夢にも思っていなかった」としみじみ。「完成までの3年間は、すっともんだもありましたが、好きな映画も作家性も違う3人の個性が混ざり合った、いい意味でいびつさが魅力」だとアピールしていた。

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019は、埼玉・川口市のSKIPシティで7月13~21日に開催される。

(映画.com速報)
孤狼の血[Blu-ray/ブルーレイ] 孤狼の血[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,147 広島の架空都市・呉原を舞台に描き、「警察小説×『仁義なき戦い』」と評された柚月裕子の同名小説を役所広司、松坂桃李、江口洋介らの出演で映画化。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 存在のない子供たちの評論 存在のない子供たち 「存在のない」少年の告発のまなざしは、すべての大人に向けられている
  • マーウェンの評論 マーウェン 現実と虚構をVFXで融合させる名手、R・ゼメキスが出会った箱庭の心象風景
  • アルキメデスの大戦の評論 アルキメデスの大戦 戦艦大和沈没のフェティッシュな描写が、作品の全体像をも脅かす
映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報