藤原竜也×蜷川実花「Diner」に川栄李奈、コムアイ、板野友美、木村佳乃らが参戦!

2019年6月5日 17:00

昨年10月に亡くなった角替和枝さんも出演
昨年10月に亡くなった角替和枝さんも出演

[映画.com ニュース] 藤原竜也と写真家で映画監督の蜷川実花が初タッグを組んだ異色サスペンス映画「Diner ダイナー」に川栄李奈コムアイ板野友美木村佳乃品川徹、2018年10月に亡くなった角替和枝さんが出演していることがわかった。

“映像化不可能”と称された平山夢明氏の小説を実写映画化。物語の舞台となるのは“殺し屋専用のダイナー”。藤原が元殺し屋の天才シェフ・ボンベロ役で主演し、ボンベロが店主を務めるダイナーにウェイトレスとして売られたカナコを玉城ティナが演じるほか、窪田正孝本郷奏多武田真治斎藤工佐藤江梨子金子ノブアキ小栗旬土屋アンナ真矢ミキ奥田瑛二らがダイナーを訪れる殺し屋を演じている。

追加キャスト発表にあわせて、劇中での姿をとらえた場面写真もお披露目された。黒髪&カラコンという出で立ちの川栄は、カナコがダイナーに売られる直前に訪れた旅行代理店のスタッフ役として登場。音楽ユニット「水曜日のカンパネラ」としても活躍するコムアイは、小説「白鯨」を手に湖の前で物憂げな表情を見せている女性に扮しており、衝撃の事実が明かされる重要なシーンに登場するようだ。そして、板野はカナコが眺めているテレビに映ったお天気キャスター役として参加している。

劇中では写真のみの登場となる木村は、顔じゅう傷だらけの孤高の殺し屋スキン(窪田)の亡き母という重要な役どころだ。母の写真を肌身離さず持ち歩いているスキンにとって、彼女との大切な思い出は生きる希望になっている。角替さんが演じているのは、少女時代のカナコをあやす祖母。カナコの唯一の特技である料理を教え、優しさと温かさあふれる人物だ。強烈なインパクトを放つ風貌の品川は、ダイナーに来店するキャラクターに扮しており、殺し屋キッド(本郷)にとって欠かせない存在のようだ。

Diner ダイナー」は、7月5日に全国公開。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • スペイン一家監禁事件
  • ゲーム・オブ・デス
  • 寄性獣医・鈴音 GENESIS
  • 寄性獣医・鈴音 EVOLUTION
  • ヒューマン・レース
  • ライアー・ハウス
  • THE LOOP ザ・ループ ~永遠の夏休み~
  • ドクムシ
  • 忍者狩り
  • ザ・ブラック・ベア
OSOREZONE

Powered by 映画.com