クイックシルバーとフラッシュ、速いのはどっち?「X-MEN」キャストが韓国で会見

2019年5月28日 20:00

ファンイベントには約2000人のファンが集結した
ファンイベントには約2000人のファンが集結した

[映画.com ニュース] 「X-MEN」シリーズの最新作「X-MEN:ダーク・フェニックス」の記者会見とファンイベントが5月27日(現地時間)、韓国・ソウルで行われ、主演のソフィー・ターナーらが出席した。

シリーズ最終章となる本作は、人類初のミュータント、アポカリプスとの壮絶な戦いを描いた前作「X-MEN:アポカリプス」から10年後が舞台。宇宙での任務中に起きた事故によってジーン(ターナー)のダークサイドが増殖し、内に封じ込められていたもう一つの人格ダーク・フェニックスを解き放ってしまう。

記者会見には、ターナー、マイケル・ファスベンダータイ・シェリダンエバン・ピーターズサイモン・キンバーグ監督が登壇。ターナーは「ジーン・グレイという主役を任せてくれて本当にうれしかった。このシリーズは製作陣とキャスト陣が人間性のあるキャラクターをしっかりと作り上げてきたから人々に愛され、レガシーがある」とシリーズの存在を称え、「今度の『ダーク・フェニックス』はアクションもすごいの!」と胸を張った。

クイックシルバー役のピーターズは、「同じくアメコミの俊足ヒーロー、フラッシュとどっちが速いと思うか」という質問に対して「クイックシルバーさ!」と自信満々に回答。ファスベンダーは「シリーズの中で誰が一番原作のキャラクターとイメージがあっているか?」という質問に、「ヒュー・ジャックマンのウルヴァリンかな、あとハル・ベリーパトリック・スチュワートもいいけど、やっぱり“僕のマグニートー”が一番はまっているね」と自画自賛し、笑いを誘った。

夜には、ロッテ・ワールド・タワー・モールでレッドカーペット・イベントが開催され、約2000人のファンが集結。一緒に写真撮影をするなど、キャストたちもファンとの交流を楽しんでいた。

X-MEN:ダーク・フェニックス」は、6月21日から全国で公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース