「カランコエの花」手島実優、若手俳優の特集上映「the face」第3弾でフォーカス! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年5月10日 > 「カランコエの花」手島実優、若手俳優の特集上映「the face」第3弾でフォーカス!
メニュー

「カランコエの花」手島実優、若手俳優の特集上映「the face」第3弾でフォーカス!

2019年5月10日 22:00

注目作への出演が続く21歳の新進女優「モラトリアム」

注目作への出演が続く21歳の新進女優
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女優の手島実優が、池袋シネマ・ロサによる若手俳優の特集上映「the face」シリーズでフォーカスされることが決定。手島は「このような特集上映の機会をいただき、一人前とは言えませんが半人前とちょっとにはなれたかな、と嬉しく思います」と心境を明かしている。

「いつか映画の“顔”になってほしい」という願いが込められた「the face」シリーズでは、期待の若手俳優を毎回ひとりセレクトし、日替わりで出演作を一挙に上映。俳優として「モラトリアム」(5月18日)などに出演し、第12回田辺・弁慶映画祭の映画.com賞受賞作「不感症になっていくこれからの僕らについて」のメガホンをとった品田誠、「ウルフなシッシー」「少女邂逅」などに参加してきた根矢涼香が特集されてきた。5月4日からスタートした「the face vol.2 根矢涼香」では、初日&2日目の開映30分前には177席が満席、サイン会は連日1時間を超える長蛇の列となり、約1000人を動員した。


「カランコエの花」「モラトリアム」

「カランコエの花」
[拡大画像]

本日千秋楽を迎えた「the face vol.2 根矢涼香」の上映後トークの壇上で、“次のface女優”として発表された手島は、1997年10月生まれの21歳。群馬・前橋市で開催されたワークショップをきっかけに、10歳から芝居を始め、中学進学と同時に地元の劇団に入団。舞台への出演、群馬美少女図鑑をはじめとするモデル活動をスタートさせた。しかし、14歳の春、突発性脊髄側湾症の手術を受け、背骨が生涯曲がらなくなってしまう。術後の身体状況(運動制限など)を考慮しながらも「芝居と繋がっていたい」という強い思いは、決して失われなかった。

その後、群馬と東京の2拠点で活動を続けてきた手島は、次々と注目作への出演を果たすことに。第11回田辺・弁慶映画祭グランプリ「赤色彗星倶楽部」(武井佑吏監督)、国内の映画祭でグランプリ6冠を含む計13冠を獲得した「カランコエの花」(中川駿監督)、山戸結希監督が企画・プロデュースを手がけたオムニバス映画「21世紀の女の子」(竹内里紗監督作「Mirror」)で好演し、「かく恋慕」(菱沼康介監督)、「スウィート・ビター・キャンディ」(中村祐太郎監督)、「透明花火」(野本梢監督)などにも参加している。


「赤色彗星倶楽部」「モラトリアム」

「赤色彗星倶楽部」
[拡大画像]

「自分の生き方を公開する仕事をしてきて、21歳になりました。どんな風に手島実優が形作られてきたのか、作品にはしっかりと映っています」と語る手島。「私の生き方を肯定してくれた作品や、そこで出逢った人たちや感情や経験は、何にも代えがたい宝物です。スクリーンに映る私の生き方を観に来てください」とコメントを寄せている。

「the face vol.3 手島実優」のプログラムは、手島の出演作から選定され、今秋に発表予定。今冬に東京の池袋シネマ・ロサで1週間限定開催。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 存在のない子供たちの評論 存在のない子供たち 「存在のない」少年の告発のまなざしは、すべての大人に向けられている
  • マーウェンの評論 マーウェン 現実と虚構をVFXで融合させる名手、R・ゼメキスが出会った箱庭の心象風景
  • アルキメデスの大戦の評論 アルキメデスの大戦 戦艦大和沈没のフェティッシュな描写が、作品の全体像をも脅かす
映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報