「カランコエの花」公開100日 アップリンク吉祥寺のオープニング上映決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年11月19日 > 「カランコエの花」公開100日 アップリンク吉祥寺のオープニング上映決定
メニュー

「カランコエの花」公開100日 アップリンク吉祥寺のオープニング上映決定

2018年11月19日 14:00

アップリンク吉祥寺のオープニング上映が決定「カランコエの花」

アップリンク吉祥寺のオープニング上映が決定
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 異例のロングランヒットで、第2の「カメラを止めるな!」とも言われる「カランコエの花」の公開100日を記念したイベントが11月18日、東京・渋谷のアップリンク渋谷で行われ、出演の有佐(ありさ)、永瀬千裕山上綾加石本径代中川駿監督が登壇。12月14日に誕生する映画館「アップリンク吉祥寺」でのオープニング上映がサプライズ発表された。

映画は、高校2年のクラスで突然、LGBTに関する特別授業が行われたことから、生徒たちが「うちのクラスにLGBTの人がいるんじゃないか?」と言い始め、日常に波紋が広がっていく……という39分の短編。2017年の「レインボー・リール東京」をはじめ、国内映画祭でグランプリ6冠を含む計13冠を受賞し、話題に。今年7月14日から新宿・K's cinemaで1週間限定で公開されると、連日満席となった。その反響を受け、映画会社「SDP」の配給が決まり、アップリンク渋谷ほか全国15館まで拡大した。

中川監督はお手製のくす玉を用意。有佐が紐をひっぱると、「アップリンク吉祥寺 上映決定」の文字が現れ、出演者もビックリ。「アップリンク吉祥寺」は12月14日、吉祥寺PARCO内に誕生する5つのスクリーンを持つシネコンで、「レインボー」と名付けられたスクリーン(52席)で上映される。中川監督は「小さい短編映画で、軽いムーブメントを起こせたことがうれしい。この100日間、暇さえあれば、エゴサーチしてニンマリしていました。アップリンク渋谷でのアンコール公開が11月いっぱいで終わってしまう、どうしようと思っていましたが、続映が決まりました!」と笑顔で報告し、出演者も大喜びだった。


画像2

[拡大画像]

舞台挨拶では、出演者が公開100日を迎えた心境を語った。女子高生のひとりを演じた有佐は「走馬灯のように、撮影の時のこと、映画祭の時のことがよみがえってきました。100日目を迎えられるなんて、想像もしていなかった。うれしい以外、言葉がないです。映画がいろんな地方へ巣立っていくのを私自身、楽しみにしています」。同じく高校生役の永瀬も「2年前に撮影した時はこんなロングランは想像できなかった。みなさんが拡散してくださり、口コミで多くの方に足を運んでいただけたました。自分も作品もみなさんに育ててもらいました」と感謝した。

初の映像作品で保健教師役を演じた山上は「右も左も分からない中、ここまで来られました。みなさんに出会えたことに、感謝の気持ちでいっぱいです」。ヒロイン月乃(今田美桜)の母親役を演じた石本径代は感極まって涙。「撮影は1日で終わったんですが、上映が始まってからの方が、思い入れが強いです。何度も舞台挨拶をさせていただきました。映画は完成した後も、観客のみなさんの力で2回作られるんだと思いました。何を言っていいのか、分からないです」と感慨深げだった。

最後に、中川監督は「アップリンク渋谷が『カランコエの花』の聖地だと思いましたが、聖地が増えました。できる限り、イベントをやっていきたいので、応援していただければと思います」と挨拶。来場者を交えて記念撮影を行い、上映後も来場者のサインに応じ、作品について語り合っていた。

(映画.com速報)
カメラを止めるな! DVD[DVD] カメラを止めるな! DVD[DVD] 最安価格: ¥3,051 「37分ワンシーンワンカットのゾンビサバイバル映画」を撮った人々の姿を描く。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi