水谷豊、「轢き逃げ」で大役果たした主演2人に感謝の花束「本当によくやってくれた」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年5月10日 > 水谷豊、「轢き逃げ」で大役果たした主演2人に感謝の花束「本当によくやってくれた」
メニュー

水谷豊、「轢き逃げ」で大役果たした主演2人に感謝の花束「本当によくやってくれた」

2019年5月10日 20:03

全国106スクリーンで封切り!「轢き逃げ 最高の最悪な日」

全国106スクリーンで封切り!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の水谷豊の監督第2作「轢き逃げ 最高の最悪な日」が5月10日、全国106スクリーンで封切られた。

水谷は、出演の中山麻聖石田法嗣小林涼子、毎熊克哉、檀ふみ岸部一徳とともに東京・新宿バルト9で初日舞台挨拶。「親が我が子を旅に出すような気持ち。出来がいいのか悪いのかは分かりませんが、出来の悪い子ほど可愛いというから、身の丈に合ったいい旅をしてほしい」と期待した。

オーディションで主演に抜てきされた中山と石田は、全国10都府県で96媒体の取材を受けるなどキャンペーンにも奔走。中山が「いつも隣にいる人。1日だけ別行動があって、その時は寂しく思った」と振り返る。石田も、「麻聖くんが隣にいなかったら、何もしゃべれなかった。この人で良かった」と相思相愛ぶりを見せつけた。

そんな2人に、今月12日の「母の日」にちなみ“映画の母”である水谷が「お母さんですよ」と「感謝」の花言葉を持つピンクのカーネーションの花束を贈呈。「撮影中は夢の中にいるようで夢中でやっていたけれど、今振り返ると本当によくやってくれた。サンキュー」とねぎらった。


画像2

[拡大画像]

また、監督に請われて出演した檀は、「若い頃に共演した水谷さんが、立派な監督になられて感動しました」と万感の表情。さらに、「もう次の企画も練っているみたいですよ」とほのめかし、水谷を「そんなに追い詰めて、どうするんですか?」と慌てさせた。

その第3作については、かねて60代で3本撮ると発言しており「余計なこと言っちゃったな」と苦笑い。それでも「3作目は、初めて自分が出ない作品はどうでしょう?」と呼びかけたが、観客から期待したほどの歓声や拍手は得られず「そのくらいの反応ですか」と残念そうな表情を浮かべた。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報