六本木で盛大に「スター・ウォーズの日」、チューバッカ追悼のメッセージボードも

2019年5月4日 19:39

ピーター・メイヒューさんを 追悼するメッセージボードも設置
ピーター・メイヒューさんを 追悼するメッセージボードも設置

[映画.com ニュース] SF映画の人気シリーズを祝福する「スター・ウォーズの日」のイベントが5月4日、東京・六本木ヒルズアリーナで行われ、「m-flo」のDJ、Taku Takahashi、EXILE MAKIDAIらがゲスト出演した。

シリーズの有名なセリフ「メイ・ザ・フォース・ビー・ウィズ・ユー(フォースと共にあらんことを)」にちなんだ世界的な記念日。Takahashiは映画に登場するカンティーナ・バンドとの共演でチューバッカの鳴き声を奏で、4月30日に74歳で亡くなったピーター・メイヒューさんをしのんだ。

会場にはメイヒューさんを追悼するメッセージボードも設置。多くのファンが「Thanks a lot」「We Love You」など感謝の思いを書き込んだ。

12月20日に公開が決まったシリーズ第9作「スター・ウォーズ ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー(原題)」に向けたカウントダウンもスタート。Takahashiは「ライズがどう訳されるか。けっこう大事な予感がする」、MAKIDAIも「どんな伝説を生んでくれるのか、今からワクワクする。想像するのも楽しみのひとつ」と期待した。

ステージには、ルーカス・フィルム公認のTFAトルーパー2体とカイロ・レンも登場し、「テンションが上がって、出て来る前に写真を撮っちゃった」とご機嫌。「子どもの頃に初めてふれてから、いろいろな夢を見させてもらった。マーク・ハミルさんと対談した時に、自分よりも子どもの方がスター・ウォーズをよく知っている話を聞いたことがあって、大きな世界観の中で家族の温かも感じ、時代を超えてつながれる作品だと思う」と熱っぽく語った。

Takahashiも、「二世代にわたって見られる映画になっていることが素晴らしい」と強調。そして、「今年はスター・ウォーズ・ファンにとって重要な年。『クローン・ウォーズ』も復活するし、『ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー』での締めくくりは最高」とまくし立てた。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース