来年以降「スター・ウォーズ」はしばらく休止

2019年4月17日 11:00

「スター・ウォーズ ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー(原題)」の一場面
「スター・ウォーズ ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー(原題)」の一場面

[映画.com ニュース]「スター・ウォーズ フォースの覚醒」以降、毎年コンスタントに新作映画が公開されていた「スター・ウォーズ」シリーズだが、来年以降はしばらく休止となることが明らかになった。

米エンターテインメント・ウィークリーの取材に対し、ルーカスフィルムのキャスリーン・ケネディ社長が明かしたもので、今後数年間、新作映画の公開をストップし、「この時間を費やして、新たなサーガをどこに導くべきかじっくり考えることになります」という。

「エピソード9」となる「スター・ウォーズ ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー(原題)」は、「フォースの覚醒」からの3部作の最終章となるだけでなく、「スター・ウォーズ」(1977)からのスカイウォーカー・サーガ全9作品の完結編と位置づけられている。そのため、新作を生み出すためには、まったく新しいキャラクター、新しい時間軸で「スター・ウォーズ」を創造しなくてはいけないそうで、「我々はただ単に次の3本の映画や、3部作だけを考えているわけではありません。我々が考えているのは、『次の10年間でどのような物語を紡ぐのか?』ということなんです」とコメントしている。

すでに「最後のジェダイ」のライアン・ジョンソン監督による新3部作と、大ヒットドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」のクリエイター、デビッド・ベニオフD・B・ワイスによる新3部作が発表されているが、ケネディ社長が「『ゲーム・オブ・スローンズ』が終了次第、彼ら(ベニオフとワイス)は『スター・ウォーズ』に本格的に取りかかってくれる予定です。すでに、ライアンとは一緒に作業をしてくれています」と言うように、2チームは別々ではなく、共同作業になる予定だそう。

新たなサーガはまったく新しいタイムラインを舞台にしつつも、「ジョージ(・ルーカス)が生みだしたDNAをしっかり維持するつもりです」と、「スター・ウォーズ」らしさを守るとケネディ社長は約束している。

スター・ウォーズ ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー(原題)」は12月20日全国公開。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

映画ニュースアクセスランキング

本日

  1. ジョン・トラボルタの妻ケリー・プレストンさん死去、57歳

    1

    ジョン・トラボルタの妻ケリー・プレストンさん死去、57歳

    2020年7月13日 18:41
  2. 上白石萌音&ウエンツ瑛士がW主演!「トロールズ ミュージック★パワー」吹き替えキャスト発表

    2

    上白石萌音&ウエンツ瑛士がW主演!「トロールズ ミュージック★パワー」吹き替えキャスト発表

    2020年7月13日 07:00
  3. 20世紀米文学の傑作をイタリアを舞台に映画化「マーティン・エデン」9月公開

    3

    20世紀米文学の傑作をイタリアを舞台に映画化「マーティン・エデン」9月公開

    2020年7月13日 06:00
  4. 「ドラえもん映画祭2020」アンコール上映決定 7月25日~8月6日に15作品を上映

    4

    「ドラえもん映画祭2020」アンコール上映決定 7月25日~8月6日に15作品を上映

    2020年7月13日 18:30
  5. メル・ギブソン×ショーン・ペン初共演! 世界最大の辞典誕生にまつわる、学者と殺人犯の実話を映画化

    5

    メル・ギブソン×ショーン・ペン初共演! 世界最大の辞典誕生にまつわる、学者と殺人犯の実話を映画化

    2020年7月13日 12:00

今週