サンダンス&ベルリンで栄冠! 長久允監督作「ウィーアーリトルゾンビーズ」予告完成 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年3月28日 > サンダンス&ベルリンで栄冠! 長久允監督作「ウィーアーリトルゾンビーズ」予告完成
メニュー

サンダンス&ベルリンで栄冠! 長久允監督作「ウィーアーリトルゾンビーズ」予告完成

2019年3月28日 08:00

両親を失くした子どもたちがバンドを結成!「ウィーアーリトルゾンビーズ」

両親を失くした子どもたちがバンドを結成!
(C)2019“WE ARE LITTLE ZOMBIES”FILM PARTNERS
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 新鋭・長久允監督の長編デビュー作「ウィーアーリトルゾンビーズ」が6月14日に全国公開されることが決定し、予告編が初披露された。サンダンス映画祭、ベルリン国際映画祭で注目を浴びた独創的な“長久ワールド”の一端が明らかにされている。

短編映画「そうして私たちはプールに金魚を、」で、第33回サンダンス映画祭ショートフィルム部門のグランプリを受賞した長久監督。音楽を通じて成長する子どもたちの姿を描いた本作では、日本人初となる第35回サンダンス映画祭「ワールドシネマ・ドラマティック・コンペティション部門」審査員特別賞のオリジナリティ賞を獲得。さらに第69回ベルリン国際映画祭「ジェネレーション14プラス」部門にて、長編日本映画初の快挙となるスペシャル・メンション(特別表彰)に輝いた。

“新世代×豪華俳優陣”のコラボレーションが実現したキャストの布陣にも注目が集まっている。物語をけん引する少年少女役には、「そして父になる」で福山雅治の息子役を演じた二宮慶多、「クソ野郎と美しき世界」の好演が記憶に新しい中島セナ草なぎ剛主演ドラマ「嘘の戦争」の水野哲志、天才似顔絵士として話題をさらう奥村門土が集結。長久監督の才能に惹きつけられ、佐々木蔵之介工藤夕貴池松壮亮初音映莉子村上淳西田尚美佐野史郎菊地凛子永瀬正敏といった日本を代表する名優たちが出演している。

予告編は、主人公のヒカリ(二宮)が「先週、僕の両親はバス事故で死にました」と衝撃的な告白をする場面からスタート。その後、同じく両親を亡くしたイシ(水野)、タケムラ(奥村)、イクコ(中島)と偶然出会い、バンド「リトルゾンビーズ」を結成する。そんな複雑な背景を持つバンドが生み出す楽曲に、周囲の大人たちは熱狂。そのひとりを演じた池松は「いつだって時代は子どもが変えるんですよ。“キッズ・アー・オールライト”ですよ!」と興奮しっぱなしだ。その光景にどこか冷めた様子のヒカリは「そうか、このバンドはさ、僕らが、ゾンビが、感情を手に入れるための冒険なのかもしれない」と分析するように語ってみせている。

ウィーアーリトルゾンビーズ」は、6月14日に全国公開。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報