長久允監督作「ウィーアーリトルゾンビーズ」がベルリン国際映画祭に正式出品 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年12月20日 > 長久允監督作「ウィーアーリトルゾンビーズ」がベルリン国際映画祭に正式出品
メニュー

長久允監督作「ウィーアーリトルゾンビーズ」がベルリン国際映画祭に正式出品

2018年12月20日 07:00

「ジェネレーション部門」に選出!「ウィーアーリトルゾンビーズ」

「ジェネレーション部門」に選出!
(C)2019“WE ARE LITTLE ZOMBIES”
FILM PARTNERS
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 長久允(ながひさ・まこと)監督の長編デビュー作「ウィーアーリトルゾンビーズ」が、2019年2月7~17日(現地時間)に開催される第69回ベルリン国際映画祭「ジェネレーション部門」に正式出品されることが決定。今井正宮崎駿黒澤明今村昌平園子温ら数多くの監督、俳優が経験してきたベルリンの地――長久監督は「日本映画界の憧れの巨匠の方々がその地を踏んだ、ベルリン。同じ場所に立たせてもらえることだけで感動しております」と胸中を吐露している。

第33回サンダンス映画祭のショートフィルム部門で日本映画初のグランプリに輝いた短編「そうして私たちはプールに金魚を、」では、その圧倒的なオリジナリティと表現力を“ネオジャパニーズ”と称された長久監督。初の長編では、二宮慶多中島セナ水野哲志、奥村門土といった若き才能を物語の中心に据え、“音楽を通じて成長する子どもたち”の姿を描き出している。既に第35回サンダンス映画祭(現地時間19年1月24日~2月3日開催)の「ワールドシネマ・ドラマティック・コンペティション部門」への正式招待も決まっており、ディレクターのキム・ユタニ氏は「本作を上映しないのはありえないと思った」と絶賛している。

正式出品される「ジェネレーション部門」は、「Generation 14plus」「Generation Kplus」という2つのコンペで構成されており、映画芸術から発掘された作品や、若者が出演する作品を対象としている。また同映画祭では18歳以上でなければ映画の鑑賞はできないが、同部門のみ14歳以上であれば鑑賞が可能となっている。長久監督は、今回の選出を「ジェネレーション部門ということでさらにワクワクしています。主人公たちと同年代のティーンネイジャーたちに見てもらえるのはこの映画の本望。彼らのために作った映画なので、なにを感じ取ってもらえるのか、楽しみです」と期待を寄せている。

「ジェネレーション部門」のディレクターを務めるマリアンヌ・レッドパース氏は「『ウィーアーリトルゾンビーズ』は、平均年齢13歳半の4人の少年少女が失った感情を探す物語である」と説明。「若き主人公たちの目を通し、彼らに深い敬意が込められた本作は、悲劇と喜劇と音楽と社会批判とティーンエイジャーの不安が融合し、独特の映画体験を生み出している。まさにベルリン国際映画祭ジェネレーション14plusコンペティション部門にふさわしい作品だ」と選出された理由を明かしている。

ウィーアーリトルゾンビーズ」には、佐々木蔵之介工藤夕貴池松壮亮初音映莉子村上淳西田尚美佐野史郎菊地凛子永瀬正敏らも出演。19年6月から全国公開。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報