長久允監督、日本人初の快挙!「ウィーアーリトルゾンビーズ」がサンダンス審査員特別賞受賞 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年2月5日 > 長久允監督、日本人初の快挙!「ウィーアーリトルゾンビーズ」がサンダンス審査員特別賞受賞
メニュー

長久允監督、日本人初の快挙!「ウィーアーリトルゾンビーズ」がサンダンス審査員特別賞受賞

2019年2月5日 15:00

受賞の喜びを語る長久允監督「ウィーアーリトルゾンビーズ」

受賞の喜びを語る長久允監督
(C)2019“WE ARE LITTLE ZOMBIES”FILM PARTNERS
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 長久允(ながひさ・まこと)監督の長編デビュー作「ウィーアーリトルゾンビーズ」が、1月24日~2月3日(現地時間)に米ユタ州で開催された第35回サンダンス映画祭のワールドシネマ・ドラマティック・コンペティション部門で、日本人初となる審査員特別賞のオリジナリティ賞に輝いた。

短編映画「そうして私たちはプールに金魚を、」で、日本人として初めて第33回サンダンス映画祭ショートフィルム部門のグランプリを受賞した長久監督。音楽を通じて成長する子どもたちの姿を描き、第35回の同映画祭に招待された最新作「ウィーアーリトルゾンビーズ」は、一般上映会で長蛇の列ができ、上映後は多くの観客が長久監督のもとへ押し寄せる盛況ぶりを見せた。関係者用の試写会も追加で行われるなど、注目度の高さが話題を呼んでいた。

そして、2月2日に行われた授賞式で、本作は審査員特別賞のオリジナリティ賞を獲得。「ピアノ・レッスン」で第46回カンヌ国際映画祭のパルムドールを受賞し、本映画祭では審査員を務めたジェーン・カンピオンは「私もゾンビーズに惚れ込んだ1人です。この映画はとってもクレイジーで、とても革新的で、すごく新しい!」と絶賛し、チャールズ・ギルバートは「最後の最後まで驚きに満ち、想像を掻き立てる無限かつ素晴らしい独創性」と語った。


画像2

[拡大画像]

授賞式のステージに登壇した長久監督は、「この作品は僕のすべてをかけて作った作品です。それが皆さんに受け入れてもらってすごくうれしいです。すべての若い人たちに、絶望と戦う力を与えられたら良いなと思います」と感謝を伝えた。

ウィーアーリトルゾンビーズ」には、二宮慶多中島セナ水野哲志、奥村門土という若手俳優陣を抜てきしているほか、佐々木蔵之介工藤夕貴池松壮亮初音映莉子村上淳西田尚美佐野史郎菊地凛子永瀬正敏らも出演。6月から全国で公開される。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報