【国内映画ランキング】「ドラえもん」首位!「翔んで埼玉」「グリーンブック」でトップ3 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年3月4日 > 【国内映画ランキング】「ドラえもん」首位!「翔んで埼玉」「グリーンブック」でトップ3
メニュー

【国内映画ランキング】「ドラえもん」首位!「翔んで埼玉」「グリーンブック」でトップ3

2019年3月4日 19:00

初登場1位は「映画ドラえもん のび太の 月面探査記」「九月の恋と出会うまで」

初登場1位は「映画ドラえもん のび太の
月面探査記」
(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・
シンエイ・ADK 2019
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 3月2日~3日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。3月最初の週末は、国民的アニメの長編劇場版シリーズ39作目「映画ドラえもん のび太の月面探査記」が予想通り首位を獲得した。ドラえもんのひみつ道具を各章のタイトルに起用した「凍りのくじら」などで知られる直木賞作家・辻村深月が、映画脚本に初挑戦。1日より全国382スクリーンで公開され、土日2日間で動員58万6000人、興収6億9600万円を稼ぎ出した。これは新シリーズ最高興収53.7億円を記録した前作「映画ドラえもん のび太の宝島」の興収比82.6%の成績。公開3日間では動員64万5000人、興収7億5700万円を記録した。4年連続でシリーズ最高記録更新となるか、春休み興行が注目される。

前週首位デビューした「翔んで埼玉」は2位に後退したが、週末2日間で動員20万4770人、興収2億8055万8300円をあげ、前週動員比107.2%、興収比108.3%と公開初週を上回った。公開10日間で累計動員73万9000人、興収9億5820万円を突破。学生からシニアまで幅広い層を動員し、平日も好調に推移していることから、最終興収30億円も見込める勢いを見せている。

新作「グリーンブック」は3位に初登場。同作は、人種差別が色濃く残る1960年代のアメリカ南部を舞台に、黒人ジャズピアニストとイタリア系白人運転手の2人が旅を続けるなかで友情を深めていく姿を、実話をもとに描いたドラマ。第91回アカデミー作品賞、助演男優賞、脚本賞の3部門を受賞した。1日より全国180スクリーンで公開され、土日2日間で動員15万4000人、興収2億円を記録。これは第90回アカデミー作品賞を受賞した「シェイプ・オブ・ウォーター」の興収比195.3%となっている。公開3日間では動員23万4000人、興収2億9000万円をあげており、まずは興収10億円超えが見込めるスタートを切った。

第91回アカデミー賞で主演男優賞ほか4部門を受賞した「ボヘミアン・ラプソディ」は、受賞効果もあって、公開17週目にもかかわらず前週9位から7位に再びランクアップした。累計動員は879万人、興収121億5000万円を突破している。

なお、1日より全国248スクリーンで公開された新作「九月の恋と出会うまで」は圏外の11位スタートとなった。松尾由美の同名人気恋愛小説を高橋一生川口春奈の主演で映画化したラブストーリー。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報