「女王陛下のお気に入り」ヨルゴス・ランティモス監督、ジム・トンプソン著「ポップ1280」を映画化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年2月28日 > 「女王陛下のお気に入り」ヨルゴス・ランティモス監督、ジム・トンプソン著「ポップ1280」を映画化
メニュー

「女王陛下のお気に入り」ヨルゴス・ランティモス監督、ジム・トンプソン著「ポップ1280」を映画化

2019年2月28日 11:00

ヨルゴス・ランティモス監督「女王陛下のお気に入り」

ヨルゴス・ランティモス監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「女王陛下のお気に入り」のヨルゴス・ランティモス監督が、新作映画「Pop. 1280(原題)」を手がけることが決定した。米Deadlineが報じている。

同作は、ジム・トンプソンのクライム小説「ポップ1280」を原作としており、人口1280人の田舎町を舞台に保安官の狂気を描くストーリー。「ポップ1280」はランティモス監督のお気に入りの小説であることから、監督が自ら脚本を執筆することになるという。

ギリシャ出身のランティモス監督は「ロブスター」で注目を集め、「聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア」「女王陛下のお気に入り」と話題作を連発。これまで同様、エレメント・ピクチャーズが製作を手がけることになる。

ちなみに、トンプソンの小説の映画化には、「ゲッタウェイ」(サム・ペキンパー監督)、「グリフターズ 詐欺師たち」(スティーブン・フリアーズ監督)、「アフター・ダーク」(ジェームズ・フォーリー監督)、「キラー・インサイド・ミー」(マイケル・ウィンターボトム監督)などがある。

(映画.com速報)
聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア[DVD] 聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア[DVD] 最安価格: ¥3,341 「ロブスター」「籠の中の乙女」のギリシャの鬼才ヨルゴス・ランティモス監督が、幸せな家庭が1人の少年を迎え入れたことで崩壊していく様子を描き、第70回カンヌ国際映画祭で脚本賞を受賞したサスペンススリラー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報