ティモシー・シャラメ、9キロ減量でこん身の役作り!「ビューティフル・ボーイ」撮影秘話

2019年2月28日 13:00

家族の愛と再生を描く
家族の愛と再生を描く

[映画.com ニュース]8年かけてドラッグ依存を克服し、現在は脚本家として活躍する男性の実話を映画化した「ビューティフル・ボーイ」に出演するティモシー・シャラメ。「君の名前で僕を呼んで」で第90回アカデミー賞主演男優賞にノミネートされ、日本でも一躍注目されたシャラメが、難役に挑んだ本作について語った。

本作は、現在Netflix「13の理由」の脚本家として活躍する男性と、彼を支え続けた家族を描く人間ドラマ。「ムーンライト」や「ビール・ストリートの恋人たち」(公開中)などのプランBエンタテインメントが製作を務め、代表のブラッド・ピットがプロデュースを手がけている。

シャラメは本作のために9キロ減量し、ドラッグ依存症と闘うニック役に挑んだ。「自分を100%捧げた」と話すように心身ともにニックへの理解を深めていき、衣装デザイナーのエマ・ポッターによると、衣装合わせの際もシャラメは減量中で、撮影を通して彼の体重の増減にも対応する必要があったという。

また、シャラメが役作りの一環として毎回行っているのが、プレイリストを作成すること。シャラメにとって音楽は役を理解するのに一番大切な部分であり、自身の気分を高めてくれるそう。本作の撮影中は、ニルヴァーナ、シガレッツ・アフター・セックスなどを聞いており、「この映画のサントラも、監督が素晴らしい曲をそろえてくれたと思うんだ」と話している。

ニルヴァーナに関しては、バンドのフロントマン、カート・コバーンについてのドキュメンタリー映画「COBAIN モンタージュ・オブ・ヘック」も見ており、「ニルヴァーナは疎外感や絶望を引き出すのに役立った」と影響を告白。撮影に使用した大学のキャンパス内で彼らの楽曲「ハートシェイプト・ボックス」を大音量で流しながら歩いてしまい、セキュリティに怒鳴られそうになったというエピソードも。「君の名前で僕を呼んで」の撮影時にも専用プレイリストを作成していたそうで、「今それを聞くと、気持ちはすぐにあの時に戻っていくよ」と振り返った。

ビューティフル・ボーイ」は4月12日から全国公開。

(映画.com速報)

君の名前で僕を呼んで[DVD]

君の名前で僕を呼んで[DVD]

最安価格: ¥3,232

1980年代のイタリアを舞台に、17歳と24歳の青年が織りなすひと夏の情熱的な恋の行方を、美しい風景とともに描いたラブストーリー。
ムーンライト DVD スタンダード・エディション[DVD]

ムーンライト DVD スタンダード・エディション[DVD]

最安価格: ¥2,926

マイアミを舞台に自分の居場所とアイデンティティを模索する少年の成長を、少年期、ティーンエイジャー期、成人期の3つの時代構成で描き、第89回アカデミー賞で作品賞ほか、脚色賞、助演男優賞の3部門を受賞したヒューマンドラマ。

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • スペイン一家監禁事件
  • ゲーム・オブ・デス
  • 寄性獣医・鈴音 GENESIS
  • 寄性獣医・鈴音 EVOLUTION
  • ヒューマン・レース
  • ライアー・ハウス
  • THE LOOP ザ・ループ ~永遠の夏休み~
  • ドクムシ
  • 忍者狩り
  • ザ・ブラック・ベア
OSOREZONE

Powered by 映画.com