映画評論家・町山智浩、スパイク・リー監督「ブラック・クランズマン」の背景を解説 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年2月22日 > 映画評論家・町山智浩、スパイク・リー監督「ブラック・クランズマン」の背景を解説
メニュー

映画評論家・町山智浩、スパイク・リー監督「ブラック・クランズマン」の背景を解説

2019年2月22日 13:00

町山智浩氏「ブラック・クランズマン」

町山智浩氏
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第91回アカデミー賞で6部門にノミネートされているスパイク・リー監督最新作「ブラック・クランズマン」のジャパンプレミアイベントが2月21日、渋谷のシネクイントで行われた。本編上映後には映画評論家の町山智浩氏が来場し、日本の観客には分かり難い本作の背景について生解説した。

黒人刑事とユダヤ人の刑事が白人至上主義団体「KKK(クー・クラックス・クラン)」に潜入捜査するさまを描き出したノンフィクション小説を、「マルコムX」のスパイク・リー監督が映画化した本作。本作劇中には、ビビアン・リー主演の「風と共に去りぬ」や、D・W・グリフィスの「國民の創生」といった過去の名作のフッテージ映像、そして「黒いジャガー」「コフィー」「スーパーフライ」といったブラックスプロイテーション映画のポスターなどがところどころで登場する。

町山によると、これらの作品は、映画が黒人をどう描いてきたかという歴史を指し示しているという。「國民の創生」はKKKを称賛する映画となっており、同作に感銘を受けた人たちが、映画公開当時は消滅していたKKKを再興させるきっかけになった悪名高き映画であることなどを説いた。1970年代になると、黒人であることに誇りを抱くブラックパワーのムーブメントが起こり、ブラックスプロイテーション映画と呼ばれるジャンル映画が人気を集めたことなどが、これらの映画の背景にあるという。「この映画では、あまりにも白人がまぬけに描かれていると思いませんか? この映画はブラックスプロイテーション映画のスタイルで描かれた映画なんです」と町山は解説する。

さらに「なぜスパイク・リー監督がこの映画を今作るのか」ということに関して、「トランプ大統領が黒人を差別するということよりも、彼自身が黒人を差別する人たちからの票を得ようとしているのが問題なんです」と切り出す。「トランプ大統領が出てきた時、(KKK元最高幹部の)デビッド・デュークはトランプこそが我々の理想を実現すると言ったんです。KKKに支持された人がアメリカの大統領なんですよ。これは大変な事態ですよ」と語り、「そこに今起こっている現実を突きつけてきて、そして最後に救いを与える。感情が上がったり、泣いたり、怒ったりと感情の起伏が非常に激しいスパイク・リーらしい映画だと思います」と付け加えた。

さらに本作がアカデミー賞作品賞を含む6部門にノミネートされたことに触れ、「かつてスパイク・リーは(代表作の)『マルコムX』がアカデミー賞にノミネートされず、受け入れられなかったんですが、この映画でやっとアカデミー賞にノミネートされました」と語っていた。「ブラック・クランズマン」は3月22日から全国で公開。

(映画.com速報)
マルコムX[DVD] マルコムX[DVD] 最安価格: ¥899 黒人解放運動の指導者マルコムXの生涯を描くスパイク・リー監督渾身の力作。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報