製作費77万円!「カメ止め」下回る超低予算のハリウッド映画「Red 11」が全米お披露目 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年2月18日 > 製作費77万円!「カメ止め」下回る超低予算のハリウッド映画「Red 11」が全米お披露目
メニュー

製作費77万円!「カメ止め」下回る超低予算のハリウッド映画「Red 11」が全米お披露目

2019年2月18日 17:00

メガホンをとったロバート・ロドリゲス監督「アリータ バトル・エンジェル」

メガホンをとったロバート・ロドリゲス監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「アリータ バトル・エンジェル」「スパイキッズ」などで知られるロバート・ロドリゲス監督の新作ホラー「Red 11(原題)」が、推定7000ドル(約77万円)で製作され、3月15日にテキサス州オースティンで行われるSXSW映画祭で上映される。「カメラを止めるな!」の300万円をはるかに下回る、超低予算のハリウッド映画だ。

ロドリゲス監督にとって、7000ドルという数字は馴染み深いものでもある。テキサス大学卒業後に撮影したデビュー作「エル・マリアッチ」(1992)も、わずか7000ドルの費用で製作。当時24歳の同監督が脚本など7役を兼ね、14日間で撮り上げたが、独特の技法の数々が高く評価され、今なお“超低予算映画の金字塔”として知られている。最終興行収入は製作費の約291倍である約204万ドルを記録し、「デスペラード」(95)、「レジェンド・オブ・メキシコ デスペラード」(2003)と続編も公開された。

エル・マリアッチ」をきっかけに、ロドリゲス監督はキャリアをスタートさせ、クエンティン・タランティーノらとともに意欲的かつ野心的な作品を創出し続けてきた。巨匠ジェームズ・キャメロンが手がけた大作「アリータ バトル・エンジェル」でもメガホンをとり、2月14~15日に来日した際には、YouTubeクリエイターたちに「私は今もテキサスにいて、似た考えを持つ人を集め、(『トラブルメーカースタジオ』を設立し)自分たちの手で自分たちの作りたいものをつくっています。ハリウッドには多様性がまだ足りない。皆さんのなかには、自分で自分のハリウッドを作る力があり、その方がやりがいがある。『ハリウッドに行くためには』ではなく『自分のハリウッドを作るためにはどうするか』を考えるべき」とメッセージを送っていた。

世界最大級の映画データベース「IMDb」によると、「Red 11(原題)」は「エル・マリアッチ」製作の際、ロドリゲス監督が費用を稼ぐためにアルバイトとして参加した臨床実験での体験がベースとなっているという。タイトルは、同監督が臨床実験時に与えられたシャツの色と番号にちなんでいる。

(映画.com速報)
カメラを止めるな! Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] カメラを止めるな! Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,879 前半と後半で大きく赴きが異なる異色の構成や緻密な脚本、30分以上に及ぶ長回しなど、さまざまな挑戦に満ちた野心作。
デスペラード コレクターズ・エディション[DVD] デスペラード コレクターズ・エディション[DVD] 最安価格: ¥1,000 麻薬組織のボスに復讐するマリアッチ(スペイン語でミュージシャンの意)の戦いを描いたバイオレンス・アクション。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報