門脇麦、「チワワちゃん」撮影で遊びまくる「疲れたけれど若さの特権」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年1月19日 > 門脇麦、「チワワちゃん」撮影で遊びまくる「疲れたけれど若さの特権」
メニュー

門脇麦、「チワワちゃん」撮影で遊びまくる「疲れたけれど若さの特権」

2019年1月19日 14:20

舞台挨拶に立った門脇麦、成田凌ら「チワワちゃん」

舞台挨拶に立った門脇麦、成田凌ら
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女優の門脇麦、俳優の成田凌寛一郎、新人の吉田志織らが1月19日、映画「チワワちゃん」の公開記念舞台挨拶を東京・新宿バルト9で行った。

岡崎京子氏の同名短編漫画が原作の青春群像劇。門脇は、年齢の近い二宮健監督との撮影現場について「デビュー当時からベテランの監督さんが多く、おっしゃったことを体現できるか勝負をかける姿勢だったけれど、積極的にコミュニケーションを取ってグレイゾーンを残さないよう具体的な話ができた」と満足げに振り返った。

成田は、「監督からどうしてもこれを映画にしたいという話をされてから数年たって、ついにこの日を迎えられた」とうれしそう。二宮監督も、「皆、絶妙に年下で、ここでしかできないものをこのタイミングでやらなきゃと思った。この作品が皆にとっての伝説的な瞬間になればいい」と、若手俳優たちの健闘を称えた。

映画は吉田演じるチワワちゃんが殺人の被害者になったことで、仲間たちがその足跡をたどりながら大人への一歩を踏み出す物語。若者たちは偶然に600万円を手に入れるシークエンスがあるが、実際に手にした場合の使い道を聞かれると、門脇は「将来、家を建てたいので貯金します」と堅実な一面を見せた。

共演の多い成田が、「服買えば?」とツッコむと、「やめてよ」と照れ笑い。その成田は、「ニノケン(二宮監督)と約束をしているので、映画を撮ろうかな」と監督への挑戦を示唆した。

そして、門脇が「(撮影で)一生懸命遊んで、楽しかったし疲れもした。でも、あらためて若いってすごいと思った」と作品に込めたエネルギーを強調。さらに、「何年か後に振り返った時、あの時間は意味があったのかと思うかもしれないけれど、それが若さの特権で輝いていて尊いもの。それを若い人に感じてほしいし、大人の方には若かりし頃の自分を思い出してほしい」と締めくくった。

ほかに仲万美古川琴音篠原悠伸上遠野太洸松本穂香が登壇した。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報