染谷将太「旅のおわり世界のはじまり」でディレクター役「どこかで黒沢監督を意識」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年1月17日 > 染谷将太「旅のおわり世界のはじまり」でディレクター役「どこかで黒沢監督を意識」
メニュー

染谷将太「旅のおわり世界のはじまり」でディレクター役「どこかで黒沢監督を意識」

2019年1月17日 07:00

ウズベキスタンで撮影を行った「旅のおわり世界のはじまり」

ウズベキスタンで撮影を行った
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 黒沢清監督が前田敦子を主演に迎え、ウズベキスタンで全編オールロケ撮影に挑んだ最新作「旅のおわり世界のはじまり」。前田が演じるテレビレポーター・葉子が出演するバラエティ番組のディレクターを演じる染谷将太が、撮影を振り返った。

黒沢監督のオリジナル脚本で、言葉も通じない未知の国に飛び込んだひとりの女性の成長を描く旅の物語。染谷のほか、柄本時生加瀬亮らが共演する。「予兆 散歩する侵略者」に続く出演となる染谷は「黒沢監督のオリジナル作品への出演は初めてですが、これまでの黒沢監督のオリジナルとも違っているので驚きました」「監督は何を狙っているんだろう……と勝手にいろいろと想像していました」と、これまでの黒沢作品とは一味違った新たな物語に期待を寄せている。

「ウズベキスタンという国に突然放り込まれ心が揺らいだ葉子が、一歩踏み出し成長していく。そんな希望のある物語。それを黒沢監督が描くことで何かあるなと。僕が演じる吉岡は、葉子に孤独を感じさせるよう存在と捉えました。物語の後半に(登場人物)4人のあり方が変わっていく展開が好きだったので、どのように完成するか楽しみです」と役作りを振り返り、「実際のマーケットの中で群衆に突っ込み撮影したのが印象的でした。現地の方々もなんだこの撮影隊は? と不思議がって我々を見ていました。その状況が映画の中の我々とリンクしてとても面白い空間となっていました」ととりわけ印象深かったシーンを挙げる。


前田敦子ら共演者との一場面「旅のおわり世界のはじまり」

前田敦子ら共演者との一場面
[拡大画像]

前田との共演については「現場に入るまで、なるべく先入観を持たないようにと思っていましたが、映画の撮影が始まって、前田さんが葉子というキャラクターをしっかり捉えて、演技で投げてくださったので、吉岡として葉子に向き合って、目を離さず丁寧にセリフを伝えようと思わせてくださった」と述懐する。

さらに染谷は、吉岡というキャラクターは、黒沢監督に重なる部分があると感じていた。「『こまかいところでどこか自分が投影されているんです』と黒沢監督もお話されていたんです。でも、それを聞く前から、自分でもどこか黒沢さんを意識していました。ディレクターが本を読みながらうろうろしている……そんな演出をされて、これって監督自身よくやられていることだなと思ったんです」

今作の撮影では、物語が展開する全景を捉えるような引きのショットが続いたという。「風景ももちろん日本ではないですし、このウズベキスタンの光景に日本の撮影クルーがいるのが異物なので、その異物のひとつとして演じられたらと思いました」「確実に狙ったショットを撮っていらっしゃった気がしますし、監督のなかで明確なテンポがあるのですが、自分が想像できるテンポではなかったので(完成が)楽しみです。早くその攻めを見たいです」と完成への期待を語った。

旅のおわり世界のはじまり」は2019年初夏公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報