実写版「キャッツ」振付に「ハミルトン」アンディ・ブランケンビューラー : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年12月10日 > 実写版「キャッツ」振付に「ハミルトン」アンディ・ブランケンビューラー
メニュー

実写版「キャッツ」振付に「ハミルトン」アンディ・ブランケンビューラー

2018年12月10日 16:00

アンディ・ブランケンビューラーが振付担当「レ・ミゼラブル」

アンディ・ブランケンビューラーが振付担当
Photo by Anthony Harvey/Getty Image
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 大ヒットミュージカル「ハミルトン」や「イン・ザ・ハイツ」「バンドスタンド」でトニー賞振付賞を3度受賞しているダンサー・振付家のアンディ・ブランケンビューラーが、ミュージカル「キャッツ」を実写映画化する新作で、振付を手がけることがわかった。

ブランケンビューラーは、2016年にブロードウェイで上演された「キャッツ」リバイバル公演でも振付を務めている。

ミュージカル「キャッツ」は、巨匠アンドリュー・ロイド=ウェバーがノーベル賞作家T・S・エリオット氏の詩をもとに、個性的な猫たちが都会のごみ捨て場で年に1度だけ開く特別な舞踏会を描いた作品。1981年に英ロンドンのウエストエンドで初演、翌年には米ブロードウェイに渡り、18年に及ぶ驚異的なロングラン記録を樹立した。

実写映画版は、「英国王のスピーチ」でアカデミー賞監督賞に輝いたトム・フーパーが、ミュージカル映画「レ・ミゼラブル」の米ユニバーサル・ピクチャーズ&英ワーキング・タイトルと再びチームを組む。フーパー監督がリー・ホール(「戦火の馬」)と共同で脚色、ティム・ビーバンエリック・フェルナーデブラ・ヘイワードとともにプロデューサーを務めるほか、本家舞台版を手がけたロイド=ウェバーとスティーブン・スピルバーグアンジェラ・モリソン(「レ・ミゼラブル」)が製作総指揮にあたる。

米Deadlineによれば、キャストには、イアン・マッケランジェニファー・ハドソンテイラー・スウィフトジェームズ・コーデンジュディ・デンチイドリス・エルバレベル・ウィルソンら豪華メンバーが集結。また、英国ロイヤル・バレエ団プリンシパルのスティーブン・マクレイとフランチェスカ・ヘイワードも出演する。

実写映画版「キャッツ」は12月初旬からクランクインし、19年12月20日に全米公開の予定。

(映画.com速報)
英国王のスピーチ スタンダード・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] 英国王のスピーチ スタンダード・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,249 現イギリス女王エリザベス2世の父ジョージ6世の伝記をコリン・ファース主演で映画化した歴史ドラマ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • サスペリアの評論 サスペリア オリジナルを大きく越境したそれは、新たな“魔”の寓話を奏でる
  • フロントランナーの評論 フロントランナー 政治報道がワイドショー化する劇的な瞬間。マスコミと政治家、ゲスはどっちだ!?
  • ともしびの評論 ともしび ランプリングの、歳を重ねていっそう胸に迫る凍てつく眼差しの厳しい美
映画評論の一覧を見る
Jobnavi