土屋太鳳、強豪女子バスケ部とのフリースロー対決で“完敗” : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年12月10日 > 土屋太鳳、強豪女子バスケ部とのフリースロー対決で“完敗”
メニュー

土屋太鳳、強豪女子バスケ部とのフリースロー対決で“完敗”

2018年12月10日 16:55

ガチ対決も完敗「春待つ僕ら」

ガチ対決も完敗
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女優の土屋太鳳が12月10日、東京・目黒区の八雲学園中学校高等学校で行われた主演作「春待つ僕ら」のPRイベントに、共演する北村匠海小関裕太とともに出席。同校の高校女子バスケ部と3対3のフリースロー対決に挑むも、0-3で完敗した。

対戦相手は東京都予選を勝ち抜き、ウィンターカップ出場を決めた強豪校。しかも、うち1人はアジア競技大会ジャカルタ2018の3×3バスケットボールで、銀メダルに輝く同校3年生の奥山理々嘉選手とあって、フリースローはお手の物。一方、「春待つ僕ら」チームは小関、北村、土屋の順番でシュートを狙ったが3人とも失敗に終わり、土屋は“泣きの1回”でもゴールネットを揺らすことはできなかった。

「さすがですね……」と完敗宣言の土屋は、部員たちに特製のリストバンドをプレゼント。2週間後にウィンターカップ出場を控えるチームに「きずなを大事に、一丸となって頑張ってください」とエールを送っていた。

また「お会いして、とてもいいチームだということがわかる。僕らの映画が皆さんの背中を押せれば」(北村)、「バスケ未経験でいちから練習しましたが、やればやるほど楽しさと同時に、難しさと大変さを感じた。だから、本当に心からリスペクトです」(小関)とイケメン二人の激励に、女子部員たちは歓声をあげていた。

あなしん原作の同名人気コミックを実写映画化。周囲に溶け込めず寂しい思いをしてきた美月(土屋)が、バスケ部のイケメン四天王こと永久(北村)、恭介、竜二、瑠衣とバイト先で知り合い、意気投合する。そんな彼女の前に、アメリカ帰りで有名高校バスケ選手の幼なじみ、亜哉(小関)が現われる。共演は磯村勇斗杉野遥亮稲葉友ら。「春待つ僕ら」は、12月14日から全国で公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 存在のない子供たちの評論 存在のない子供たち 「存在のない」少年の告発のまなざしは、すべての大人に向けられている
  • マーウェンの評論 マーウェン 現実と虚構をVFXで融合させる名手、R・ゼメキスが出会った箱庭の心象風景
  • アルキメデスの大戦の評論 アルキメデスの大戦 戦艦大和沈没のフェティッシュな描写が、作品の全体像をも脅かす
映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報