斎藤工、困惑しきり…「麻雀放浪記2020」マカオ国際映画祭まさかの出品中止 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年12月8日 > 斎藤工、困惑しきり…「麻雀放浪記2020」マカオ国際映画祭まさかの出品中止
メニュー

斎藤工、困惑しきり…「麻雀放浪記2020」マカオ国際映画祭まさかの出品中止

2018年12月8日 17:00

困惑する斎藤工「麻雀放浪記2020」

困惑する斎藤工
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 斎藤工の主演最新作「麻雀放浪記2020」(白石和彌監督)が、第3回マカオ国際映画祭(12月8日開幕)でワールドプレミアを行う予定だったが、急きょ出品中止となったことが明らかになった。

斎藤が10年の歳月をかけて映画化を熱望し、念願がかなって実現した今作は、ギャンブルがテーマのひとつとなっている。ギャンブラーにとって聖地ともいえるマカオでのキックオフがふさわしいという理由で、同映画祭でお披露目する予定だった。映画祭サイドから出品要請があったという経緯があるだけに、斎藤も困惑しきりだという。

映画祭の公式見解は、「セックス&バイオレンスによる表現の過剰さ、そして設定となっている世界大戦が起きて東京オリンピック2020が中止になったというシニカルな背景設定など、その過激で反逆的なシーンが多い」というもので、出品中止という判断がくだされた模様だ。

累計発行部数250万部を超える阿佐田哲也のベストセラー小説「麻雀放浪記」を原案とし、イラストレーターの和田誠が初監督した同名映画(1984)の大ファンだった斎藤の熱いラブコールにより、設定を大胆に変えた本作の企画がスタート。東京オリンピックが中止になった2020年、人口が減少し、労働はAI(人工知能)に取って代わられ、街には失業者と老人があふれていた。1945年の戦後からタイムスリップしてきた坊や哲(斎藤)は驚がくの世界を目の当たりにし、思わぬ状況で立ちはだかるゲーム“麻雀”で死闘を繰り広げることになる。

姉妹音楽ユニット「チャラン・ポ・ランタン」のボーカル・もも、ベッキー、竹中直人らも出演する「麻雀放浪記2020」は、19年4月5日から全国で公開。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • サスペリアの評論 サスペリア オリジナルを大きく越境したそれは、新たな“魔”の寓話を奏でる
  • フロントランナーの評論 フロントランナー 政治報道がワイドショー化する劇的な瞬間。マスコミと政治家、ゲスはどっちだ!?
  • ともしびの評論 ともしび ランプリングの、歳を重ねていっそう胸に迫る凍てつく眼差しの厳しい美
映画評論の一覧を見る
Jobnavi