【東京コミコン2018】エズラ・ミラー、DCコスプレ軍団に感激「君たちは家族」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年12月2日 > 【東京コミコン2018】エズラ・ミラー、DCコスプレ軍団に感激「君たちは家族」
メニュー

【東京コミコン2018】エズラ・ミラー、DCコスプレ軍団に感激「君たちは家族」

2018年12月2日 15:39

DCコスプレ軍団との対面に感激!「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」

DCコスプレ軍団との対面に感激!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 来日中のエズラ・ミラーが12月2日、千葉・幕張メッセで開催中の「東京コミックコンベンション2018」(通称:東京コミコン2018)で行われた「DC COSPLAYERS LEAGUE 2018 Presented by ビオレ ピュアスキンクレンズ」に登場。DCコミック映画「ジャスティス・リーグ」でバリー・アレン/フラッシュを演じたエズラは、「君たちはもはやファンじゃなく、家族だよ」とDCコスプレ軍団との対面に感激していた。

東京コミコンに初参加したミラーは、「日本はお気に入りの場所。すばらしいファンの皆さんと、愛情を分かち合える場所だからね」と感謝しきり。日本の“オタク”カルチャーをこよなく愛し、2017年の米コミコンには「鋼の錬金術師」の主人公エドのコスプレで参加したほど。それだけに、日本で開催されるコミコン参加に感無量の面持ちだった。

そして「世間では僕らのこと、オタクとか負け犬って呼ばれるし、漫画ばかり読むな、ゲームはやめろ、宿題しろって言われるよね。そういうのは本当にうんざりだ」と思いのたけを明かし、「こうやって、みんなの集結を見ると『おれたちを見くびるなよ』って気持ちになれる」とファンとの絆に誇らしげだった。

ミラーは現在大ヒット公開中のファンタジー超大作「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」で、物語のカギを握る重要人物のクリーデンス・ベアボーンを怪演。フラッシュの単独主演作となる「フラッシュポイント」(20年全米公開予定)の企画も始動している。

「東京コミコン2018」は、千葉県・幕張メッセで12月2日まで開催される。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi