高杉真宙、加藤諒、渡辺大知が「ギャングース」主題歌熱唱!レコーディング風景公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年11月15日 > 高杉真宙、加藤諒、渡辺大知が「ギャングース」主題歌熱唱!レコーディング風景公開
メニュー

高杉真宙、加藤諒、渡辺大知が「ギャングース」主題歌熱唱!レコーディング風景公開

2018年11月15日 08:00

「ギャングース」は高杉真宙、加藤諒、渡辺大知がトリプル主演を務める「ギャングース」

「ギャングース」は高杉真宙、加藤諒、渡辺大知がトリプル主演を務める
(C)2018「ギャングース」FILM PARTNERS (C)肥谷圭介・鈴木大介/講談社
[拡大画像]

[映画.com ニュース]映画「ギャングース」でトリプル主演を務める高杉真宙加藤諒渡辺大知が歌う本作の主題歌「CRYBABY」のメイキング映像が公開された。

本作は、2013~17年に「モーニング」(講談社刊)で連載された漫画を「SR サイタマノラッパー」「22年目の告白 私が殺人犯です」「ビジランテ」などの入江悠監督が映画化。親から虐待され、少年院でともに過ごした“職なし、学なし、犯罪歴あり”のサイケ(高杉真宙)、カズキ(加藤)、タケオ(渡辺)。犯罪集団が稼いだ収益金のみを狙って窃盗を繰り返す“タタキ稼業”で裏社会を生き抜く、3人組の危険な青春を描く。

3人は本作のためにユニット「The Gangoose」を結成し、主題歌「CRYBABY」は、バンド「黒猫チェルシー」としても活躍する渡辺が作詞・作曲・プロデュース、メインボーカルを務め、高杉と加藤もコーラスで参加している。

メイキング映像は、渡辺が高杉と加藤にバンド名や楽曲に込めた思いを説明する様子から始まり、3人別々の音程でのハモりがあることを知った高杉と加藤が「つられちゃいそう」と不安そうな表情を見せる。

しかし、その後レコーディングが始まると、軽快なロックミュージックに全員体を揺らして歌うなどノリノリに。和気あいあいと収録に臨み、3人の仲の良さも伝わってくる。収録後、渡辺は「この映画に対する思いを、自分の持ってる力を注げるだけ注ぎこんで作りこんでおります! めちゃくちゃ楽しんでレコーディングしました!」と笑顔。加藤は「こういう男くさくって、汗の匂いが漂ってくるような曲はあまり歌ったことがなかったから、歌ってて気持ちよかった」と満足げで、高杉も「めちゃくちゃ緊張していたんですけど、楽しくできたんじゃないかな。早く皆さんに聴いてほしいです!」と呼びかけた。

「CRYBABY」は11月15日から配信限定リリース。「ギャングース」は11月23日から全国で公開。R15+指定。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • ワイルドライフの評論 ワイルドライフ 14歳の少年の多感が画面から溢れ出る。初監督作とは思えない驚きのクオリティ!
  • ピアッシングの評論 ピアッシング 異常心理、猟奇、ユーモアを斬新なアートワークでくるんだナイトメア映画
  • X-MEN:ダーク・フェニックスの評論 X-MEN:ダーク・フェニックス 現体制最後のX-MENは、旧シリーズの一大事件を踏襲し、テーマの原点へと帰着する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報