大泉洋、マイクではなくバナナ渡したスタッフに困惑「何だ、きみは」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年11月12日 > 大泉洋、マイクではなくバナナ渡したスタッフに困惑「何だ、きみは」
メニュー

大泉洋、マイクではなくバナナ渡したスタッフに困惑「何だ、きみは」

2018年11月12日 20:15

“大泉劇場”を展開した大泉洋「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」

“大泉劇場”を展開した大泉洋
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 渡辺一史氏によるノンフィクションを映画化した「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」の完成披露試写会が11月12日、東京・丸の内ピカデリーで行われ、主演の大泉洋をはじめ共演の高畑充希三浦春馬渡辺真起子竜雷太綾戸智恵佐藤浩市原田美枝子、メガホンをとった前田哲監督が舞台挨拶に出席した。

イベント開始冒頭、意気揚々と登壇した大泉には、マイクではなく本物のバナナが手渡された。しかし、しゃべりだす前にバナナが回収されたため、大泉は「このタイミングで代えられるの? すごい目立たない小ボケ……」と口をあんぐり。「バナナを持ってしゃべり出すくらいは考えていたんだけど。やめてほしい。テレビでも放送されない」とぼやきっ放しで、スタッフから再びバナナを渡されると「おい、これはもっと意味がわからないぞ! 何だ、きみは! 名前なんていうんだ!」とまくしたてた。なおも「浩市さんがすごい冷たい目で見ている。重鎮はすぐ怒ってくる」(大泉)、「どうせだったら、ずっと持ってろよ」(佐藤)と掛け合いを繰り広げ、場内を爆笑の渦に巻き込んだ。

難病・筋ジストロフィーを患うが、無茶苦茶なワガママを押し通す鹿野靖明が、周囲のボランティアに愛されながら生きる姿を描く。王様のような超ワガママぶりを見せる主人公に扮した大泉は、「大変楽しいキャストと過ごした1カ月。今作の素敵なタイトルに、私も興味を持って台本を読んだことを覚えています」と思いを馳せ、「鹿野さんという人が、なぜあそこまでのワガママを言っていたのか。彼が目指していた社会があって行動していたことが、見終わった後に伝われば。このタイトルが皆さんのなかでどう響くか楽しみです」と願いを込める。振り回されるボランティア・美咲役の高畑も、「最初は鹿野さんのワガママに『この野郎、ムカつく!』と思うんです。でも、終わるころには鹿野さんを大好きになっている」と真摯に呼びかけていた。

体重を約10キロ落とすなど、肉体面の役づくりも敢行した大泉。北海道でのロケ中はランニングが日課だったようで、「(共演者らと)ごはんを食べた後に、ランニングをすると三浦くんも高畑さんも『走りたい』と。みんなで走った」と振り返る。しかし「高畑さんが、10メートルくらい走るとすぐに止まる」と表情を曇らせ、「まあ、止まる。全然走ってくれなかったな!」と喝を入れると、高畑は「すみませんでした! 大泉さん、速いから。(距離)10キロとか走るんですよね」と大笑いだ。三浦は「爆風スランプ」の楽曲「Runner」を流しながら走っていたそうで、「大泉さんが『そろそろ疲れてきたから、春馬DJをやってくれ』と。帰り道を元気よく行くために『Runner』」と説明していた。

さらに大泉は、撮影期間中の佐藤の行動に言及した。「浩市さんは撮影に前乗りしゴルフ。次の日撮影し、帰りにまたゴルフ。浩市さんがゴルフした日だけが晴れ、肝心の撮影では雨が降った。挙げ句、言ったのは『やっぱ俺、さすがだな!』。本当に何しに来たんですか?」と暴露し場内を沸かせると、佐藤は苦笑しきりで「休みの日は何やってもいいんですよ(笑)!」と叫んでいた。

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」は、12月28日から全国公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi