滝沢秀明主演「孤高のメス」に仲村トオル、長塚京三、工藤阿須加、山本美月参戦 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年10月30日 > 滝沢秀明主演「孤高のメス」に仲村トオル、長塚京三、工藤阿須加、山本美月参戦
メニュー

滝沢秀明主演「孤高のメス」に仲村トオル、長塚京三、工藤阿須加、山本美月参戦

2018年10月30日 08:00

臓器移植を取り巻く医学界の現実を描く

臓器移植を取り巻く医学界の現実を描く
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 滝沢秀明が外科医役に初挑戦するWOWOWの連続ドラマ「孤高のメス」に、仲村トオル長塚京三石丸幹二工藤阿須加山本美月ら豪華キャスト陣が出演することがわかった。YouTube(https://youtu.be/LCD6g7kM23U)では特報映像が披露されている。

累計発行部数160万部を突破した、現役医師・大鐘稔彦氏のベストセラー小説シリーズを初ドラマ化。臓器移植がタブー視されていた1980年代後半、医療先進国アメリカで研鑚を積んだ外科医・当麻鉄彦(滝沢)が、民間の甦生記念病院に赴任してきた。「地方でも大学病院と同レベルの治療が受けられるべき」という信念のもと、当麻はあらゆる難手術に挑み、患者たちの命を救っていく。しかし日本初の臓器移植手術を前に、“権力絶対主義”と古い慣習に塗り固められた医療体制が、行く手を阻もうとしていた。

仲村は、甦生記念病院に医師を派遣する近江大学医学部外科の助教授・実川剛を演じる。当麻の実力を認め、共に肝移植の未来を切り拓くため奮闘する役どころだ。甦生記念病院の院長・島田光治役を石丸が務め、近江大学から派遣された外科医・青木隆三役を工藤、看護師・大川翔子役を山本が担う。そのほか、宮川一朗太キムラ緑子利重剛三浦誠己近藤公園六平直政本田博太郎という個性豊かな面々が集結。脚本を手掛けるのは、ドラマ「軍師官兵衛」「沈まぬ太陽」の前川洋一だ。

甦生記念病院がある湖水町の町長で、当麻の患者でもある大川松男に扮する長塚は、「滝沢くんとの本格的な共演は、20年ほど前に親子もどきの役柄でご一緒して以来です」と感慨深げに明かし、「ついあの頃の気分に戻って、挨拶がわりにポンと肩をたたきそうになってしまいます。お互い照れ臭くもあるのですが、20 年の時空を超えて、しみじみ今日の共演を楽しんでいます」と語った。

「連続ドラマW 孤高のメス」は、2019年1月13日から、WOWOWプライムで毎週日曜午後10時放送。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報