岡田准一主演で「ザ・ファブル」実写映画化!木村文乃、福士蒼汰、安田顕、佐藤浩市ら豪華共演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年6月23日 > 岡田准一主演で「ザ・ファブル」実写映画化!木村文乃、福士蒼汰、安田顕、佐藤浩市ら豪華共演
メニュー

岡田准一主演で「ザ・ファブル」実写映画化!木村文乃、福士蒼汰、安田顕、佐藤浩市ら豪華共演

2018年6月23日 05:00

「今、一番面白い漫画」が豪華キャストで実写化!「ザ・ファブル」

「今、一番面白い漫画」が豪華キャストで実写化!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「週刊ヤングマガジン」で連載中の南勝久氏による人気漫画「ザ・ファブル」が実写映画化され、岡田准一が主演することがわかった。共演に木村文乃山本美月福士蒼汰柳楽優弥向井理安田顕佐藤浩市と豪華な面々が顔をそろえ、「今、一番面白い」と呼び声高い漫画の実写化に挑む。

裏社会で「天才的な殺し屋」として暗躍し、“寓話”を意味する英語「ファブル」のあだ名で恐れられる主人公が、「1年間殺し屋を休業し、大阪で一般人として普通の生活を送る。殺しは禁止」というミッションに挑む様子を時にコミカル、時にシリアスに描いたエンタテインメント作。単行本の累計発行部数は200万部を突破し、2017年度の講談社漫画賞(一般部門)を受賞した。

日本映画界トップクラスの人気・実力に加え、数種の武術・格闘技インストラクター資格を持つ岡田が、大阪では「佐藤アキラ」の偽名で生活を送る無敵の殺し屋・ファブルを演じる。「今回、初めて大人気漫画原作の映画化作品にチャレンジします。江口カン監督を信じて、キャスト、スタッフの皆様と力を合わせて撮影に臨みたいと思います」といい、「初の『殺し屋』役となりますが、殺してはいけないという設定の中でのアクションを全力で楽しみたいです」と意気込んでいる。

さらに木村はファブルの相棒であり、大阪では「アキラの妹」という設定で暮らすヨウコ役、佐藤浩市はファブルを幼いころから殺し屋として育てたボス役に。山本はファブルが大阪で出会う女性・ミサキを演じる。“普通の日常”を少し奇妙に楽しんでいた主人公たちは、事件に巻き込まれたミサキを助けるため、再び裏社会に踏み込んでいく。

また安田は、ファブルの世話人を請け負う真黒カンパニー社長で、当初は敵意をむき出しにする海老原役。柳楽はミサキを追い詰める海老原の弟分・小島役、向井は海老原と対立する真黒カンパニー専務・砂川役、福士は伝説のファブルを倒し名を上げようとする殺し屋・フード役に扮している。

監督は広告界のトップを走るCMディレクター・江口カンが務め、脚本は「GANTZ」「ジョーカー・ゲーム」などの渡辺雄介が執筆。大きな見どころとなるアクションにおいては、海外からスタッフを招へいし“世界水準”を志向しているという。豪華キャスト・スタッフが結集しただけに、原作の南氏は「今回の映画化に当たり、ご尽力頂いている皆様に心より感謝いたします。映画化は僕にとっても大きな夢のひとつでした。主演の岡田准一さんを始めとする演者の方々の迫真の演技と、江口カン監督の好演出で、素晴らしい作品として世に出ることを願っております」と喜びを明かし、「映画の尺上、カットせざるを得ない場面や、違う流れで進行する映画版のストーリーは、これまたもうひとつの『ザ・ファブル』として面白いものになると脚本を読んで感じております。公開は来年とのことですが、映画ファンとして僕自身も楽しみに完成を待ち望んでおります」とエールを送った。

ザ・ファブル」は6月13日~8月中旬に撮影が行われ、2019年に松竹配給で全国公開。

(映画.com速報)
GANTZ[Blu-ray/ブルーレイ] GANTZ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,456 奥浩哉の人気SFコミックを、アイドルグループ「嵐」の二宮和也と松山ケンイチ主演で実写映画化。
ジョーカー・ゲーム【Blu-ray 通常版】[Blu-ray/ブルーレイ] ジョーカー・ゲーム【Blu-ray 通常版】[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,888 柳広司の同名スパイ小説を原作に、亀梨和也(KAT-TUN)、深田恭子、伊勢谷友介ら豪華キャスト共演で描いたスパイアクション

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi