GANTZ

劇場公開日

9%
30%
48%
9%
4%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

累計1200万部を販売した奥浩哉の人気SFコミックを、アイドルグループ「嵐」の二宮和也と松山ケンイチ主演で実写映画化した2部作の前編。共演に吉高由里子、本郷奏多、山田孝之ら人気若手俳優がそろい、「ホッタラケの島」の佐藤信介監督がメガホンをとる。駅のホームで偶然再会した幼なじみの玄野(二宮)と加藤(松山)は、線路に落ちた酔っ払いを助けようとして電車にひかれてしまう。見知らぬマンションの一室で目覚めた2人は、“GANTZ(ガンツ)”と呼ばれるナゾの黒い球体により、異形の“星人”と呼ばれる存在との死闘を強いられていく。

2011年製作/130分/PG12/日本
配給:東宝

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1

(C)2011「GANTZ」FILM PARTNERS

映画レビュー

2.5改悪?

14wakuさん
2022年2月6日
PCから投稿

ビジュアルは良かったけど、設定を変更した意味を全く感じない…
どうせなら完全オリジナル脚本にしてほしかった。。。
戦闘シーンも映像ならではなものもなく期待はずれ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
14waku

3.5現時点で続きが見たい

2021年4月15日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

前後編形式の映画なので、前編ですべってしまうとどうにもならないのでしょうが、今のところ、エンディングのフックが効いていて、続きが気になるまま終わっている。
設定の奇抜さや、ワキのキャラクターがどうにもリアル感に欠ける人物描写が多くて、気になりますが、そこを差し引いても十分に面白いと言える映画でしょう。

2013.4.24

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
うそつきカモメ

3.5スーツや銃のガジェットはカッコよくて良いね

2021年1月29日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

どうしても「漫画原作の実写映画」というと身構えてしまうのは、映画ファンの本能でしょう。
確かに「デビルマン」に代表されるような救いようのない映画もありましたが、個人的には「ピンポン」「帝一の國」「アイアムアヒーロー」などレベルの高い名作映画も多いので、漫画原作=駄作とは決めつけないで観ようと常々思っています。

本作「GANTZ」は、原作漫画は読んだことがありますのでこの映画で描かれている部分は既に知っている状態での鑑賞です。原作との比較などをしながら鑑賞しました。

結論、全然悪くない!!むしろ予想していたよりも良い!!スーツや銃などのガジェットがよくできているので見た目だけなら100点満点でした。しかしながら、原作改変されたストーリーやイマイチ迫力のないアクションシーンには不満点も多いため手放しに賞賛というわけではありませんが、「GANTZの実写映画化」としては良かったんじゃないかと思います。

・・・・・・・・・
大学4年生で就活中であった玄野(二宮和也)は、ある日駅のホームで小学時代の親友であった加藤(松山ケンイチ)を見かける。その直後にホームに酔っ払いが転落する事故が起き、それを助けようとして玄野と加藤は電車に轢かれてしまった。次の瞬間、二人はマンションの一室で目を覚ました。二人と同じように死んだ人間が部屋に転送されているようだ。彼らは部屋の中央に鎮座する謎の黒い球体から出される指令により、異形の宇宙人である"星人"を倒すミッションに強制参加させられることになるのだった。
・・・・・・・・・

原作である漫画は、イラストと実写が組み合わさったような不思議なタッチで描かれており、現実と虚構が入り混じったようなGANTZの世界観にマッチした素晴らしい作品ですのでオススメです。原作は映画以上にエログロ描写が強いため、そこだけご注意ください。

この作品は、とにかくスーツや銃などのガジェット、星人の造形、肉体破損や転送の演出など、美術やCGが気合が入っている印象です。

GANTZに登場するラバースーツみたいなバトルスーツや独特な見た目の銃は原作の完全再現でした。漫画を実写化する時に出てくる「安っぽいコスプレ感」みたいなものも多少はありますが、それは原作にもあった「コスプレみたい」という台詞のおかげで、メタ的に違和感が解消されているのが良かったと思います。

登場する「ねぎ星人」「田中星人」「おこりんぼう星人」という三体の星人たちの造形も素晴らしかった。特に田中星人はニチアサの戦隊ヒーローに登場しそうな見た目と安っぽいSEと、そこからは想像できない残虐性と強さ。このギャップがたまりません。

銃に撃たれた星人の腕が吹き飛んだり逆に星人に無残に殺されるなどのゴア描写も間接的描写に逃げることなくしっかり描いており、それによって星人と戦うことへの恐怖感がしっかりと演出できていたように感じます。

一方で、ちょっと期待外れだった部分もありました。

まず、原作からの改変が実写化にあたって上手く機能していないことです。
主人公の年齢設定が高校生から大学生に変わっていたり、本作のヒロインである多恵ちゃんと玄野との馴れ初めがかなり強引なものになっていたり。ところどころに原作からの改変が見られます。この改変が実写映画化にあたってプラスに働いていれば良いのですが、私にはそうは見えませんでした。

次にこの作品の肝とも言える戦闘シーンについてですが、ここもあんまり良くなかった。
スーツや星人など、パッと見の印象は良いのですが、とにかく戦闘が盛り上がらない。GANTZの戦闘は基本的に「星人1体とGANTZ勢多人数の戦い」という構成です。原作漫画では、その大人数で銃を「ギョーンギョーン」と撃ちまくり、多くの犠牲を出しながらようやく星人を倒すという展開になるのですが、本作では毎回星人1人に対して1人で突っ込んでいき、周りの人たちは銃を撃つこともしないで見ているだけという展開が続きます。ねぎ星人との戦闘は最初の戦闘ということで全員逃げ腰だったこともあり、戦闘に参加しないというのも違和感なく見られましたが、田中星人との戦闘から「なんで周りの人たちは何もしないで突っ立ってるだけなの?」という違和感を覚えます。おこりんぼう星人との戦闘も同様です。「何とか倒したぜ」みたいな顔しているけど、全員で一斉に攻撃していたらあっという間に倒せていたんじゃないかと思わざるを得ないのです。

上記の二つ以外にも全編通して「ここおかしくない?」と違和感を感じる部分が結構あって、特に原作から改変された部分にそういう違和感が多いような印象です。

実写映画化にあたって原作を改変すること自体は悪いこととは思いませんし、むしろ実写化する時に違和感になる部分はしっかり改変すべきとも考えておりますが、本作の改変はあまり良くなかったんじゃないかなと感じました。でも、多少の違和感を気にしなければ原作の面白さも感じられる作品にはなっておりましたので、観てみて損はないかと思います。オススメです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
といぼ:レビューが長い人

3.0原作知らずに観ました。

2020年12月25日
iPhoneアプリから投稿

原作観ずに映画を観て観たんですが結構面白かったですが。その後原作読んでみたら物足りない内容だったなと思いました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
しじみの短い感想文
すべての映画レビューを見る(全78件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「GANTZ」シリーズ関連作品