ザ・ファブル インタビュー: 岡田准一、実写「ザ・ファブル」主演を後押ししたもの 木村文乃&山本美月と語る

ホーム > 作品情報 > 映画「ザ・ファブル」 > インタビュー > 岡田准一、実写「ザ・ファブル」主演を後押ししたもの 木村文乃&山本美月と語る
メニュー

ザ・ファブル

劇場公開日 2019年6月21日
2019年6月13日更新
画像1

岡田准一、実写「ザ・ファブル」主演を後押ししたもの 木村文乃&山本美月と語る

日本映画界をけん引する実力派俳優の岡田准一が、南勝久による人気コミックを実写映画化した「ザ・ファブル」(6月21日公開)に主演し、「1年間の休業を命じられた凄腕の殺し屋」という異色の役どころに挑んだ。漫画原作の映画に出演するのは初めて。共演した木村文乃山本美月とともに、俳優として「漫画のキャラクターに命を吹き込む」ことといかに向き合ったか、大いに語った。(取材・文/内田涼、写真/間庭裕基)

「小説は読者が読み進めるなかで、自分なりの想像に幅もあっていいと思うんですけど、漫画って、まずビジュアルがドーンと出てくる点が(演じるうえで)難しいと思っていました。特に『ザ・ファブル』はアクションとユーモアが同居した、緩急のある人間ドラマ。実写化して、原作ファンに認めてもらうのはもちろん、大人に向けた硬派な作品なのか、より幅広いエンタテインメントなのか、映画としてバランスをとるのがとても難しいと感じましたね」

そんな岡田の背中を押したのは、スタッフたちが映画化に向けて地道な準備を重ねてきた“熱き思い”だった。もともと、岡田自身も原作の大ファン。それだけに「こちらも『絶対面白いものにしなくちゃ』という思いが強くなった」といい、「自分にプレッシャーをかけるために、トレーニングを始めました。格闘技のプロがこなすメニューなので、大変でしたね(笑)。でも、おかげで肩の筋肉はかなりつきました」と役作りの域を超えたワークアウトで、寓話(ファブル)と恐れられる殺し屋像を作り上げた。

あまりにハイペースに仕事をこなし続けるファブルに対し、育ての親であるボスは佐藤アキラという偽名を与え、“普通に生きる”1年間の大阪潜伏生活を命じる。木村が演じる相棒のヨウコは、妹のふりをしながら、大阪でのアキラの行動を見守る役どころだ。

「原作のキャラクターを演じるという意味では、私はヨウコみたいにセクシーじゃないですし、正直『うまく原作に寄せられるかな』という不安はありました」と振り返る木村。それでも「監督のなかに、明確なヨウコ像がありましたし、いただいた台本をどれだけ表現できるかという点では、普段のお芝居と変わらない。実写化される以上は、漫画とは別物と捉えています」と、演じる姿勢にブレはなかった。

ちなみに、江口監督のこだわりとは? 木村いわく「『常に甘くしゃべってくれ』とおっしゃっていましたね。ヨウコは勝気な性格ですし、口調が強くなりがちなので、甘えるように語尾を伸ばすしゃべり方を意識しました」。人気スタイリスト・伊賀大介による衣装にも「とても助けていただいた」そうで、「特に大阪での“潜入服”には注目してほしいですね。ちょっと世間とはズレた、ちぐはぐな組み合わせなんですが、それが『これでいいんでしょ?』っていうヨウコの性格やテンションを表現しています」と舞台裏を教えてくれた。

女優、モデルとして活躍する山本は、漫画やアニメに造詣が深く、自他ともに認める“オタク”でもあるだけに、「基本的には、漫画やアニメの実写化にはあまり賛成ではないんですけど……」と本音を漏らす。だからこそ、「やるからには、原作ファンに失礼がないよう、忠実にキャラクターを演じたいという気持ちが強くあるんです」と本作への決意を明かした。

山本は、偶然出会ったアキラにバイト先のデザイン事務所を紹介する清水ミサキに扮した。素直で明るい女性だが、父の借金返済や母親の世話に追われ、“ある秘密”が原因で裏社会に狙われてしまう。「周りのキャラクターの個性が濃い分、ミサキちゃんは一番普通だなって。後半に、少しきわどいシーンもあり、私じゃちょっと色気が足りないかなと思う部分もあるんですけど(笑)。それと岡田さんと一緒に走りながら、会話するシーンもあったので、撮影に入る前にランニングを始めました。走るのが苦手ですし、セリフは関西弁ですからね」。

共演には福士蒼汰柳楽優弥向井理安田顕佐藤浩市ら世代を超えた豪華キャストが顔をそろえ、それぞれの思惑が暗躍し交錯する。スタッフの顔ぶれも多彩で、ハリウッドで活躍するアクション監督のアラン・フィグラルズ(「ボーン・アイデンティティー」)がファイトコレオグラファーを担当。日本からは富田稔率いるアクションチームが、スタントコーディネーターとして参加し、さらに現場ではアクションに精通する岡田のアイデアが随所に盛り込まれた。

特に岡田にとって、ファブルを付け狙う殺し屋・フードを演じる福士とは、「図書館戦争」シリーズ以来、師弟関係にも似た信頼が築かれていた。「アクションでキャラクターを膨らませたかった。福士くんの殺陣は、僕もアイデアを出させていただきました。手にする武器にしても、最初は周りの敵と同じものだったから『変えた方がいい』って提案したり。『福士のことは、俺に任せろ』じゃないですけど、まあ、福士くんに対する愛情ですよね! 無茶振りもしましたけど、『大丈夫でしょ? できるでしょ?』って」(岡田)。“殺せない”ファブルと、“殺したい”フード。2人が繰り広げる白熱のバトルは、映画の成否を決定づける重要なエッセンスだ。

ザ・ファブル」は、6月21日から全国公開。

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

木更津キャッツアイ Blu-ray BOX[Blu-ray/ブルーレイ] FLY! メイキング オブ「フライ,ダディ,フライ」[DVD] 関ヶ原 DVD 通常版[DVD] 木更津キャッツアイ BOX付き全5巻DVDセット[DVD]
木更津キャッツアイ Blu-ray BOX[Blu-ray/ブルーレイ] FLY! メイキング オブ「フライ,ダディ,フライ」[DVD] 関ヶ原 DVD 通常版[DVD] 木更津キャッツアイ BOX付き全5巻DVDセット[DVD]
発売日:2010年12月10日 最安価格: ¥18,213 発売日:2005年6月21日 最安価格: ¥2,328 発売日:2018年2月7日 最安価格: ¥3,063 発売日:2002年6月28日 最安価格: ¥13,859
Powered by 価格.com

映画レビュー

平均評価
4.0 4.0 (全7件)
  • コミック未読だが、面白かった! 試写会にて観賞。 コミック未読で、あまり期待せずに観賞。でも、これが、面白かった~! どんな相手も6秒以内で殺すというゴルゴ13もびっくりの凄腕殺し屋、ファブルを岡田准一が好演。 1年間誰も殺さ... ...続きを読む

    クララ クララさん  2019年6月14日 15:17  評価:5.0
    このレビューに共感した/5
  • シュールだった 岡田くんのアクションが早すぎてなんかよくわからないけど凄かった。 クスクス笑う所あり、殺しまくりのシーンあり。 佐藤浩市さんと安田顕さんは流石の貫禄。 若手の役者さんのキレっぷりも凄かった。 向... ...続きを読む

    taniko tanikoさん  2019年6月13日 21:53  評価:4.0
    このレビューに共感した/3
  • コメディ ネタバレ! ...続きを読む

    ふんわりご飯 ふんわりご飯さん  2019年6月12日 22:55  評価:5.0
    このレビューに共感した/2
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

最新のインタビュー

  • インタビュー 女の機嫌の直し方 「女の機嫌の直し方」で早見あかり&松井玲奈が切りこんだ、男女間の価値観の違い
  • インタビュー ザ・ファブル 岡田准一、実写「ザ・ファブル」主演を後押ししたもの 木村文乃&山本美月と語る
  • インタビュー 旅のおわり世界のはじまり 前田敦子の結婚を予言していた!? 黒沢清監督「旅のおわり世界のはじまり」での不思議なシンクロ
インタビューの一覧を見る
Jobnavi
採用情報