ザ・ファブルのレビュー・感想・評価

メニュー

ザ・ファブル

劇場公開日 2019年6月21日
271件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

世界水準の格闘振付+コミック発の笑いで生まれた痛快娯楽活劇

ファイトコレオグラファーのアラン・フィグラルツは「ボーン・アイデンティティー」や「96時間」シリーズなど、リアリティー重視のスピーディーでタフな格闘アクションの振付で活躍してきた人。「図書館戦争」などでアクションのセンスを見せてきた岡田准一も、フィグラルツの振付でさらに才能を伸ばした、そんな印象を受けるシーンの連続だ。

原作は未読だが、凄腕の殺し屋なのに日常生活に不慣れで世間知らず、というコミカルな設定が楽しい。チンピラに敢えて殴らせる場面など、アキラの心の声(思考)を添えつつスローモーションで殴られゆがむ顔(当然CGで加工している)をとらえる映像が爆笑を誘う。福士蒼汰も大きな体躯を駆使して、好敵手ぶりを発揮していた。

共演陣も豪華だが、顔見世程度で終わってしまう人が多く、ちょっともったいない気も。安田顕のやくざ者の熱演には胸を打たれた。

AuVis
AuVisさん / 2019年6月28日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 2 件)
  • 共感した! (共感した人 8 件)

もっといろんなアクションを見たい

原作未読。岡田さんのアクションは確かに本当に頑張ってるし凄いので、もっともっと岡田さんを酷使してもらって(?)いろんなロケーションで沢山見たかった。アクション以外のシーンは、まあ、うん。

もへじ
もへじさん / 2019年7月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ワサワサしてくる魅力

欲しいものがそこにあった。導入から出口まで、ナハハとオォォの繰り返し。それでも出口の出口でやっぱりダハハ。こういうオマケラストは大好き。特に次へのふりでもないしね。奇しくも「ダイナー」が同時期になり、あちらを先に観賞していたのですが、きっとコレからの人はその順番が良い。スピード感の「ザ・ファブル」耽美感満載の「ダイナー」になっていれば、良かったなぁ、なんて思ったりして。む、アッチの感想になってる(苦笑)。
ともかく、スピードとワチャワチャに負けないアクションの撮り方は、当方大満足でした。但し一つだけ。ドラマの宿命みたいな所はあるけれど、「動くな」とプロに言われて動くキャラが、昔から大嫌い。…だからきっと、僕にはヒーロー属性が希薄なんだろうな。冷めちゃうのよね…。

lynx09b
lynx09bさん / 2019年7月17日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

あるでしょ。あってください。。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

岡田さんの映画は永遠のゼロ以来2度目。
いい俳優だと言われる意味と、殺陣・格闘シーンに強いと言われている意味を初めて知りました。わたし何でも遅いなぁ..

とにかく最高です。
役者さんたちは、演技するを超えて、そこに確かにある世界を作ってくれていて、今から大阪に行けば会えそうな親近感。
楽しすぎて2回見ました。笑
なので、正しくは、鑑賞日 7/13・7/15です。笑笑

安田顕さん、名脇役というイメージですが、準主役レベルの重要な役をのびのび超カッコよくやられており、きゅん!
福士蒼汰さんは..うん..
格闘シーンで、鉄パイプにしがみつくミサキちゃんのスタントが男性っぽかったところで少々現実に引き戻されたけど、世界に浸り切った感超あり。

これは第2弾やっていただきたい..
柳楽さん演じるコジマが死んじゃったのが、どうなるか..
怪演するとは思ってたけどハマりすぎで笑えてくるレベル。次作で柳楽さん級の印象のこしてくれる役者さんが誰なのか!?今から勝手に楽しみです!
(個人的には、また違うタイプを希望。同じタイプの演技だと、1作目と比べてしまいそうだから...)

コミックからのファンの感想も気になるけど、自分が楽しめたから、まずはヨシ!
でも原作とのリンクが気になり、読み始めてます。
原作は、岡田さんとは結構違う、ヤンキーっぽい見た目。
「プロとして(真顔)」で我が道を行くのはそのまんまだけど、映画班は映画班で、岡田さんならではの唯一無二のファブル像を作って、しかもそれが不思議にしっくりくるいい落とし所を見つけた感じ。
漫画を読んでいればニヤッと出来る細部の再現性は高いんですね!先に読んでた人も楽しんでるといいなぁ。

グッズの売れ行きも良さそう(そもそもそんなに数用意してないかな?)だったので、ハマった人多いと予測。

まぁとにかく、しばらく漫画読んでこのわくわくを繋いでおくので、早く次回作つくってください!

ハム
ハムさん / 2019年7月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

良かった!

公開前から楽しみにしていた映画。公開初日に観に行って、7/9で3回目。アクションが凄くて邦画も捨てたもんでないなと思いました。海老原社長の悲哀、ボスの存在感、ファブルとフードの戦い・・・どれもこれも良かったです。普段、このジャンルの映画は観ませんが、個人的には結構はまって、観て良かった!

kei
keiさん / 2019年7月17日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

■コメディアクション!!

岡田くんの演技が自然で良かった。
内容は濃くないし、経費もかかってないので、特にグッとくるものはないが、暇潰しにしてはまぁ見て良かった。

Miho
Mihoさん / 2019年7月16日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい 単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

予想に反し、シュールかつシリアス。殺さずに戦うド迫力アクション!!

【賛否両論チェック】
賛:「誰も殺さない」という誓いを守りつつ、桁外れのアクションを見せていく主人公の活躍から、目が離せない。
否:予告編にあるようなコミカルさはなく、笑いもかなりシュールなので、好き嫌いはハッキリと分かれそう。

 まず、予告編でミスリードされたようなコメディタッチの映画ではありませんので、家族サービスでご覧になったりすると、殺害シーンの多さに後悔してしまうと思います。コミカルなシーンもあるにはありますが、それにしては笑いが非常にシュールなので、その辺も好みは大きく分かれてしまいそうです。
 「誰も殺さない」という条件の下、不器用ながらも自分なりのやり方で一般社会に溶け込もうとする主人公・アキラ。そんな彼が否応なしに、大阪裏社会のトラブルに巻き込まれてしまった時、自分のスキルをフルに発揮して立ち向かっていく様が、何ともいえないカッコよさと哀愁を漂わせていきます。
 ストーリーはかなりハチャメチャでツッコみどころもありすぎますが、ただその分アクションはメチャメチャスゴいです。さすがは岡田准一さんです(笑)。
 観る人を選ぶ作品であることは間違いありませんが、迫力満載の怒涛のアクションを、是非劇場でご覧下さい。

映画コーディネーター・門倉カド
映画コーディネーター・門倉カドさん / 2019年7月16日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 怖い 興奮
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

手頃な殺し屋アクション

岡田君のやる殺し屋アクションと聞いて!原作は存じませんが、漫画らしい立ったキャラと速い話の展開が観ていて気持ち良かったです。岡田君のすでに後ろ姿が小さいゴリラになっている僧帽筋、伝説の殺し屋と言うに充分な体幹の安定感、とても安心感のある説得力。福士君もあんなスパイラルラフパーマの似合うフードでレギンスの短パンの殺し屋いる??横回転格好いいね?!!でもあまりインコは出なかったな…。途中ヤクザでダルいところはありましたが堅実なアクション映画でした。

れお
れおさん / 2019年7月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

白熱発烈

原作は少しかじった程度です。

純粋にアクションコメディとして楽しめました。
血が吹こうと、骨が折れようとパッパッと展開が進んでいくので、後味の悪さを一切感じさせませんでした。

柳楽くんと向井くんのチンピラっぷりに圧倒されました。二人とも前に出ていた作品では落ち着いてた役立ったのでそのギャップも同時に楽しめました。

massi
massiさん / 2019年7月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

とても良い映画

日本のアクション映画で、こんなにアクション・シーンに目が釘付けになった記憶が無い…

とにかく、カッコ良かった(笑)

岡田准一演じる"ファブル"というキャラクターがとても新鮮で、新しいヒーローの誕生を予感させてくれたし、"妹"役の木村文乃とのコンビもはまってたと思う。

ぜひシリーズ化してほしい作品だ。

stoneage
stoneageさん / 2019年7月15日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

アクションとコメディのバランス

キャスト豪華。シナリオも良かった。
原作の漫画は読んでないけど、内容的に読んでない方が楽しめるような気がした。

殺し屋の話だが、ところどころコメディ要素を織り交ぜている。それが、見せ場のアクションを引き立てる絶妙なスパイスに。

vanilla
vanillaさん / 2019年7月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

面白かった

原作が漫画?やから仕方ないけど、人殺しすぎかな!

おっさん
おっさんさん / 2019年7月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

原作知りません

めちゃくちゃ面白かったけど!?!?!?!
終始楽しかったし、笑えたし見てよかった〜〜って
すっごい思った(●´ω`●)

こな
こなさん / 2019年7月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

和製ジョン・ウィック(但し殺さない)

岡田准一のアクションがとにかくキレキレである。
殺し屋ユニバースとしてジョン・ウィック4あたりでファブルとして出演してほしい。
バイプレイヤーたちもみんなドスの効いた演技をしている(向井理はイマイチ)。
ぜひ殺し屋映画の寅さんとしてシリーズ化してほしい。
カメラワークとかもっと工夫できそうなので2でさらにパワーアップしてくれることを期待してる。

ryota27
ryota27さん / 2019年7月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

アクションとギャグの絶妙具合が天才

岡田准一さんと言えばアクション。とすでに頭に浮かび上がっていたのでアクションシーンを楽しみにしながら映画を観たら確かにすごいんですけどそれを上回るほどの笑いのツボを押さえてくる。また笑わせようとする笑いではなくて真剣で真面目に会話をしているのに笑ってしまう。真面目すぎてズレてる人ほど面白い人っていますよね。あんな感じです。そこに佐藤二朗さんのもう喋るだけで面白い人が加わって私の中で笑いを堪えるのが必死でした。向井理さんや福士蒼汰さんなどイケメンでアクションも見所があるにも関わらず岡田准一さんと佐藤二朗さんの絡み面白すぎます。満足です。

綾坂ニカ
綾坂ニカさん / 2019年7月13日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  笑える 楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

これはもう岡田准一!

天才殺し屋ファブルを演じた岡田准一のアクションが炸裂した。ゆる〜〜いボケも!

育ての親であるボス(佐藤浩市)はファブルに1年間大阪で身を潜め普通の人間として生活するよう命じた。誰かを殺したら俺が殺すと……

普通の生活をしたことがないファブルの非常識な行動や言動がユーモラスで楽しい。そして彼をサポートする木村文乃が女子力を発揮し魅力的だった。

しかしやはり偶然知り合い同じ職場で働くようになった山本美月との恋愛未満の温かな関係がいい。彼女のために爆発する終盤のアクションが出色!

娯楽作品としては及第点だろう。

エロくそチキン
エロくそチキンさん / 2019年7月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

ザ・ファブル サヴァン症候群と自閉症精神病質・社会病質

自閉症者の約6パーセントは並はずれた能力を持っており、サヴァンと呼ばれています。───(※講談社『記憶と情動の脳科学―「忘れにくい記憶」の作られ方』)

左脳がひどい損傷を受けたとき、右脳(音楽や芸術などをつかさどる)がそれを必死に補おうとすることでサヴァン症候群があらわれるという。注意しなければいけないのは損傷によって能力がつくられるのではなく能力発達の機会がもたらされることだ───(※早川書房『天才を考察する 「生まれか育ちか」論の嘘と本当』)

「サヴァン症候群」は、「DSM」をはじめとする精神科の診断マニュアルには載っていない。なぜなら、この名称は先に述べたとおり「非凡な才能と脳の発達障害をあわせ持つ人々」あるいはその状態を指す言葉であり病名ではない。

一九四四年、オーストリアの小児科医ハンス・アスペルガーは、対人関係に独特の難しさを抱える四人の子どもたちの事例に、「自閉症精神病質」という名前をつけ報告。これがアスペルガー症候群のルーツで、今では自閉症もアスペルガー障害も自閉症スペクトラム障害の名の下にひとまとめになっており多少オタクっぽい人から、アスペルガー症候群、高機能自閉症( 『高機能』は知能に障害がないという意味でここにサヴァン症候群が含まれる。「サヴァン」はフランス語で学があるという意味)、知的障害をともなう重度の自閉症にいたる。

興味深いことに、自閉症(※精神病質)の子供たちでは白質が減って、灰白質が増えている。自閉症はあまり嘘をつかない。(※講談社『ぼくには数字が風景に見える』)

研究によると、病的な嘘つき(※社会病質者)の前頭前野の白質量は、正常人よりも四分の一大きい。「嘘をつきたい」という欲求に前頭前野の白質が中心的な役割を果たしているという、おどろくべき事実が研究で発見されている。

社会病質者は白質が増えており、精神病質者は白質が減っている。白質が増えるとなぜ嘘をつきやすくなるのか? この研究をしたヤーリン・ヤンはこう述べている。「彼らには嘘をつく方が簡単なのかもしれない。白質が過剰にあると、ふつうなら隔てられている矛盾し合うデータのあいだの連結が多くなるからだ」。(※イースト・プレス『悪の遺伝子―ヒトはいつ天使から悪魔に変わるのか』)

この部分が映画を観るうえで大切な事なので、ここが "あべこべ" になってしまうとすべてが "あべこべ" の話になります。日本人にとってのLとRが白質と灰白質。高機能の自閉症精神病質→映画『ザ・コンサルタント』、ドラマ『グッド・ドクター』、ドラマ『アルファズ』など。高機能の自閉症精神病質と天才は紙一重。天才系→映画『イコライザー』のデンゼルワシントンなど。基本的に天才系の人が正直にものを言いたい場合に自分はサヴァンですと言います。サヴァンはサヴァン。天才はサヴァンのふりもできる。

HEALTH AND GRAVITY
HEALTH AND GRAVITYさん / 2019年7月12日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  笑える 知的 萌える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

アクション的には感激

正直原作とは比べずに映画としてのザ・ファブルで見た方がとっても笑えて楽しめる
役者さん達の演技力に興奮しました(^^)

えり
えりさん / 2019年7月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

まあまあかなー

ジャッキー・チェンの映画のように、シリアスな場面とコミカルな場面が混在していますが、基本的に残忍な殺人シーンが多いのが気になりました。

殺し屋の福士蒼汰は見応えがありましたが、向井理は役に溶け込めず少し浮いていたように思います。

岡田准一のファンとしては、観ておいて損の無い作品でした。

エンドロールで流れるのは、なんとレディー・ガガ。エンドロールの後にもおまけがありますので、今回は一番最後まで席を立たないことをお勧めします。

futako
futakoさん / 2019年7月12日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

最強か!?

こんにちは、LEOです。
「ザ・ファブル」観てきました。
映画予告から気になり観たかったのでやっと観れてよかったです。
漫画原作でも、実写しやすいジャンルだったので全く違和感なく見れ、また日本映画にしてはガンアクションが盛りだくさんだったのでまた良かったです。
内容としては演技者の動きが洗練されてて面白かったし、笑いもあり良かったと思います。
どんな方でも楽しめる作品だと思うので時間がある方は一度劇場に行ってみてはいかがでしょうか?

LEO
LEOさん / 2019年7月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

271件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報