「ボンド25」悪役は「ワンダーウーマン」サイード・タグマウイだった? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年9月18日 > 「ボンド25」悪役は「ワンダーウーマン」サイード・タグマウイだった?
メニュー

「ボンド25」悪役は「ワンダーウーマン」サイード・タグマウイだった?

2018年9月18日 11:00

サイード・タグマウイ「ワンダーウーマン」

サイード・タグマウイ
写真:Abaca/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「007」シリーズ最新作「ボンド25(仮題)」の悪役を、「ワンダーウーマン」のアラブ系俳優サイード・タグマウイが演じる予定だったことがわかった。

ボンド25(仮題)」は、メガホンをとる予定だったダニー・ボイル監督がクリエイティブ面での意見の相違を理由に降板したばかりで、後任は決まっていない。そんななか、「ワンダーウーマン」(パティ・ジェンキンス監督)で主人公ダイアナ・プリンス/ワンダーウーマン(ガル・ギャドット)を支援する諜報員サミーア役を演じたサイード・タグマウイが、「私は次のジェームズ・ボンド映画で、大きな悪役を演じるはずだった」と告白した。

アラブ首相国連邦のThe National紙の独占取材で明らかにしたもので、ダニー・ボイル監督によって選ばれたため、「監督がいなくなったいま、不確かな状況にある」という。「監督が誰になるか分からないし、プロデューサーも悪役をロシア人にするかアラブ人にするか決めかねている。実はさっきメッセージを受け取ったばかりで、『もしアラブ人でいくなら君だ。ロシア人でいくなら、他の俳優になる』と言われている」と明かす。

タグマウイはモロッコ人の両親のもとフランスで育ち、プロボクサーから役者に転向。マチュー・カソヴィッツ監督の「憎しみ」(1995)をきっかけに、「スリー・キングス」や「オーシャン・オブ・ファイヤー」「バンテージ・ポイント」「G.I.ジョー」などのハリウッド映画に出演。「LOST」「TOUCH/タッチ」などの米ドラマでも活躍している。

ボンド25(仮題)」は、今年12月に英パインウッド・スタジオでクランクイン、2019年10月25日の全英公開予定だが、後任監督次第では延期の可能性がある。

(映画.com速報)
ワンダーウーマン[Blu-ray/ブルーレイ] ワンダーウーマン[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,459 DCコミックスが生んだ女性ヒーローで、ガル・ギャドット演じるダイアナ・プリンス/ワンダーウーマンを主役に描いたアクション大作。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報