ファン急増中!「ジュラシック・ワールド」最新作“スティギー”登場シーン公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年7月26日 > ファン急増中!「ジュラシック・ワールド」最新作“スティギー”登場シーン公開
メニュー

ファン急増中!「ジュラシック・ワールド」最新作“スティギー”登場シーン公開

2018年7月26日 12:00

恐竜スティギモロクは 堅く巨大なドーム型の頭部が特徴的「ジュラシック・ワールド 炎の王国」

恐竜スティギモロクは
堅く巨大なドーム型の頭部が特徴的
(C)Universal Pictures (C)Universal
Studios and Amblin Entertainment, Inc.
and Legendary Pictures Productions, LLC.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] バイオテクノロジーによって現代によみがえった恐竜と人間の攻防を、最先端のVFXで描くスペクタクルシリーズ最新作「ジュラシック・ワールド 炎の王国」(公開中)の本編映像が公開された。

1993年に公開された「ジュラシック・パーク」から25年、シリーズ第5作目となる今作では、これまでで最多数となる恐竜たちが登場する。このほど公開された本編シーンは、シリーズ初登場の“スティギー”こと堅頭竜・スティギモロクの活躍シーン。特徴的な、堅く巨大なドーム型の頭蓋骨を使って頭突きをしまくる姿がユーモラスで、鑑賞者の間で大きな話題を集めている。

映像では、檻(おり)に閉じ込められてしまったオーウェン(クリス・プラット)とクレア(ブライス・ダラス・ハワード)が、隣の房にいるスティギーの力を借りて脱出を図ろうとするさまが見て取れる。スティギーの存在に気がついたオーウェンが口笛を響かせて注意を引くと、スティギーは何度もレンガの壁に頭をぶつけ、ついには壁を粉々に吹き飛ばす。オーウェンは大きく手を叩き、「おい! 俺を見ろ! こっちへ来い」と飛び込んできたスティギーをさらに興奮させると、鉄製の扉にも突進して見事に破壊する。勢い余ったスティギーが鉄柱に頭をぶつけてふらつく様子は、笑いを誘うひとこまだ。

小さな体で猪突猛進するスティギーの姿に、ハワードも「スティギー、本当に可愛いわよね!」とぞっこん。製作総指揮・脚本を務めたコリン・トレボロウは「新登場の恐竜はすべて気に入ってる」と語り、「それぞれの恐竜は、実は『ジュラシック・ワールド』の時に登場させたかった恐竜なんだけれど、入り切らなかったメンバーなんだ。前作のWebサイトを見てみると、本作に新登場している恐竜の名前も挙がっている。前作の時点で、パークで生息する恐竜としてね」と明かしている。

ジュラシック・ワールド 炎の王国」は、「永遠のこどもたち」「インポッシブル」などで注目されたスペイン鬼才、フアン・アントニオ・バヨナ監督がメガホン。シリーズを生んだスティーブン・スピルバーグも製作総指揮に名を連ねる。

(映画.com速報)
ジュラシック・パーク[DVD] ジュラシック・パーク[DVD] 最安価格: ¥1,000 アカデミー賞3部門を受賞した、スティーブン・スピルバーグ監督が壮大なスケールで放つ恐竜パニック映画。
ジュラシック・パーク[DVD] ジュラシック・パーク[DVD] 最安価格: ¥1,000 スティーブン・スピルバーグ監督によるメガヒット作「ジュラシック・パーク」のシリーズ4作目。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi