続編もすでに構想中?デッドプールが苦悩と歓喜の10年を振り返る! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年6月7日 > 続編もすでに構想中?デッドプールが苦悩と歓喜の10年を振り返る!
メニュー

続編もすでに構想中?デッドプールが苦悩と歓喜の10年を振り返る!

2018年6月7日 12:00

今作で結成されるヒーロー集団「Xフォース」!「デッドプール2」

今作で結成されるヒーロー集団「Xフォース」!
(C)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 6月1日に日本公開を迎えて週末興行収入ランキングで第1位を獲得し、「公開された国すべてで初登場No.1を飾る」記録を更新した「デッドプール2」(公開中)の新たなインタビュー映像が、公開された。マーベルが生んだ“無責任ヒーロー”デッドプールが、映画化を企画した2008年から、今作の大ヒットまでの10年間の道のりを振り返る内容となっている。

「超大ヒットするとは夢にも思わず、『創りたい』という想いだけでスタートした」と語る08年を皮切りに、09年のスクリーン初登場作「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」を「望んだ形じゃなかった」、11年のライアン・レイノルズ主演のヒーロー作「グリーン・ランタン」を「完全にムダだった」と次々に毒舌コメントでこき下ろすデッドプール。その後も3年に渡って製作にGOサインが出ず、15年にはテスト映像が流出するといういばらの道に、「最悪な日々さ、もう諦めかけたよ」と苦悩していたことを明かす。

だが第1作「デッドプール」が公開された16年は、「映画は大ウケ。嬉しくて相当ハイになった」。今回の第2作については「10年かかったが、フェーズ1は期待以上の成功」と手応えを語り、「新作はそれなりの俳優、ほどほどな予算、無名な方のX-MEN数名」とのジョークを交えながら、「次のフェーズに向けて予算を抑えた」と、次回作を期待させるコメントとともにVサインを示している。

デッドプール2」は、“破天荒ヒーロー”デッドプールとして我が道を行く元傭兵ウェイド・ウイルソン(レイノルズ)が、未来からやってきた強敵ケーブル(ジョシュ・ブローリン)から謎の力を秘めた少年を守るため、ヒーロー集団「Xフォース」を結成するアクションコメディ。「アトミック・ブロンド」のデビッド・リーチがメガホンをとり、日本から忽那汐里が参戦した。

(映画.com速報)
デッドプール[Blu-ray/ブルーレイ] デッドプール[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,000 型破りな悪童キャラで異彩を放つアンチ・ヒーロー“デッドプール”を主人公に迎えたアクション作品。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ(広告案件)
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi