野村周平×柳ゆり菜で描く“3日間の青春” 奥田英朗「純平、考え直せ」映画化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年5月31日 > 野村周平×柳ゆり菜で描く“3日間の青春” 奥田英朗「純平、考え直せ」映画化
メニュー

野村周平×柳ゆり菜で描く“3日間の青春” 奥田英朗「純平、考え直せ」映画化

2018年5月31日 10:00

9月22日から全国公開「純平、考え直せ」

9月22日から全国公開
(C)2018「純平、考え直せ」フィルムパートナーズ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 直木賞作家・奥田英朗氏の人気小説を実写映画化する「純平、考え直せ」が、9月22日から公開されることが決定。主演・野村周平、ヒロイン・柳ゆり菜で描くのは、限られた3日間を刹那に駆け抜ける若い男女の青春模様だ。

新宿・歌舞伎町のチンピラ坂本純平(野村)は、“一人前の男”になることを夢見ながら、組の雑用に追われる日々を送っていた。ある日、対立する組の幹部の命を獲ってこいと命じられ、気負い立っていた純平だったが、偶然出会ったOL・加奈(柳)と一夜を共にし、つい“鉄砲玉”になることをばらしてしまう。退屈を持て余していた加奈は、時代錯誤な純平の情熱に呆れながらも不思議な胸の高鳴りを覚え、決行までの3日間、行動を共にすることに。2人は新宿を見降ろすホテルに泊まり、大好物の焼肉をたらふく食べ、思い切り笑い、そして孤独と不安を慰め合うなかで、次第に惹かれ合っていく。

メガホンをとったのは「子猫の涙」「女の子ものがたり」「上京ものがたり」で知られる森岡利行監督。新宿・歌舞伎町でロケ撮影を敢行し、古めかしい任侠の世界と、現代の闇を映し出すSNS、いつの時代も変わらない若者たちの葛藤を、ひとつの作品としてまとめ上げている。


奥田英朗氏の原作小説「純平、考え直せ」「純平、考え直せ」

奥田英朗氏の原作小説「純平、考え直せ」
[拡大画像]

「ちはやふる」シリーズ、「ラブ×ドック」「ビブリア古書堂の事件手帖」(11月1日公開)といった話題作への出演が相次ぐ野村は「『純平』という役は僕自身様々な挑戦があり、そういう意味でも皆さんに新しい自分を見ていただける作品になっていると思います」と説明。「3日間という短い時間の物語ではありますが、僕が演じる純平の勇姿に是非、注目して見ていただきたいです」と思いの丈を述べている。

「私はこの作品に恋に落ちました。脚本を読み、純平、加奈というカップルに恋焦がれました。そして、この世界を不器用に泥臭く本気で生きました」と振り返る柳。加奈が“髪を切られる”シーンでは、実際に地毛をカットすることを自ら申し出るなど、全編にわたり女優魂を見せつけており「ようやく皆様に届けられる事、心から嬉しく思います。たった3日間の切ない本気の恋を目撃しに、ぜひ劇場へ足を運んで下さい!」とコメントを寄せている。

純平、考え直せ」は、9月22日から東京・新宿シネマカリテ、シネ・リーブル池袋ほか全国順次公開。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi