二階堂ふみ、3作掛け持ちの中「ほとりの朔子」の撮影は「癒しでした」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年5月20日 > 二階堂ふみ、3作掛け持ちの中「ほとりの朔子」の撮影は「癒しでした」
メニュー

二階堂ふみ、3作掛け持ちの中「ほとりの朔子」の撮影は「癒しでした」

2018年5月20日 13:30

二階堂ふみ&古舘寛治が駆けつけた「海を駆ける」

二階堂ふみ&古舘寛治が駆けつけた
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 深田晃司監督の最新作「海を駆ける」の公開を記念し、“予習イベント”として2014年の「ほとりの朔子」、16年の「淵に立つ」が5月19日、東京・キネカ大森で上映された。「ほとりの朔子」に主演の二階堂ふみ、両作に出演した古舘寛治、深田監督が上映後にトークショーを行った。

二階堂は、深田監督の「歓待」(10)を映画雑誌でその年のベスト1に選んだことがあり、「劇場版神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まないっ」で新進女優賞を受賞した翌年のTAMA映画賞で、「歓待」で新進監督賞の深田監督と初対面。映画作りを約束し、深田監督が脚本を当て書きしたのが「ほとりの朔子」だ。

映画「地獄でなぜ悪い」、NHK大河ドラマ「平清盛」との掛け持ちというタイトなスケジュールでの撮影となった当時17歳の二階堂だが、「もともと演技をロジックで考えるタイプではなかったのですが、初めて公式を提示してくださってどう答えに導いていくかを教えていただいた」と感謝。さらに、「あの頃は個人的に過激な役が多かったので、いたってノーマルな自分を芝居で経験できた撮影は癒しでした」と笑顔で振り返った。

深田監督も、「必死であまり覚えていないけれど、その時の彼女の等身大は引き出せたと自負している」と述懐。だが、古舘はチューブトップにホットパンツという二階堂の衣装に「パッと見て、裸じゃんと言っちゃって、超怒られました」と苦笑いで明かした。

それでも二階堂は、「謎が多くて、思ってもみなかった間合いや身構えていたものとは全く違うものが返ってくる瞬間があって、勉強になることがたくさんあった」とフォロー。古舘は、「当時から、ただの17歳ではないと思っていた。かわいいって感じだったけれど、意志など強いものを持っていた。すっかり大人びていて、感慨深い」と称えていた。

海を駆ける」はディーン・フジオカ主演で、インドネシアの浜辺に倒れていた正体不明の男の出現によって周辺で奇妙な出来事が次々と起こるファンタジー。5月26日から東京・テアトル新宿などで順次全国公開される。

(映画.com速報)
ほとりの朔子[Blu-ray/ブルーレイ] ほとりの朔子[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,168 「ヒミズ」「地獄でなぜ悪い」の若手演技派・二階堂ふみが主演する青春映画。
淵に立つ Blu-ray 通常版[Blu-ray/ブルーレイ] 淵に立つ Blu-ray 通常版[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,956 「歓待」「ほとりの朔子」などで世界的注目を集める深田晃司監督が浅野忠信主演でメガホンをとり、第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門で審査員賞を受賞した人間ドラマ。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi