ビン・ディーゼル「ワイスピ」第9弾&10弾はジャスティン・リン監督復帰と発表 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年5月11日 > ビン・ディーゼル「ワイスピ」第9弾&10弾はジャスティン・リン監督復帰と発表
メニュー

ビン・ディーゼル「ワイスピ」第9弾&10弾はジャスティン・リン監督復帰と発表

2018年5月11日 11:00

ジャスティン・リン監督「アトミック・ブロンド」

ジャスティン・リン監督
Photo by Araya Diaz/WireImage
[拡大画像]

[映画.com ニュース]人気俳優ビン・ディーゼルが、現在準備中の「ワイルド・スピード9(仮題)」とその続編「ワイルド・スピード10(仮題)」で、ジャスティン・リン監督がメガホンをとると発表した。

米フロリダのユニバーサル・スタジオにオープンした「ワイルド・スピード」の新アトラクション「Fast & Furious Supercharged」のイベントに駆けつけたディーゼルは、米情報番組「トゥデイ」に出演。2020年公開予定の新作「ワイルド・スピード9」について聞かれると、「もっと規模が大きくなる」と明言。さらに「たったいまも、『ワイルド・スピード9』と『ワイルド・スピード10』を手がけるジャスティン・リン監督と電話で話していたんだが、彼もとても興奮しているよ」と、続編2作の監督を明かした。

リン監督は、第3作「ワイルド・スピード X3 TOKYO DRIFT」から第6作「ワイルド・スピード EURO MISSION」までを担当したことで知られている。なお、「ワイルド・スピード9」の舞台はアフリカになるという。

「ワイルド・スピード9」と平行して、タイトル未定のスピンオフ映画も進行中で、こちらはドウェイン・ジョンソン演じるホブスと、ジェイソン・ステイサム演じるショウが主役を務めることになる。監督は「アトミック・ブロンド」「デッドプール」のデビッド・リーチ。スピンオフの全米公開は2019年7月26日、「ワイルド・スピード9」は20年4月10日を予定している。

(映画.com速報)
ワイルド・スピード×3 TOKYO DRIFT[Blu-ray/ブルーレイ] ワイルド・スピード×3 TOKYO DRIFT[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,500 カリフォルニアに住む高校生ショーンは、違法運転の常習犯。事故を起こし少年院行きを免れなくなった彼は、軍人の父を頼って日本に渡る。転校先で疎外感を覚える彼を熱くさせたのはやはり車。彼はドリフトレースの世界に足を踏み入れ、天才ドライバーD.K.との対決に挑む。シリーズ3代目のスピード・キングをルーカス・ブラックが熱演、北川景子、土屋圭市など多くの日本人キャストが出演する。
ワイルド・スピード EURO MISSION[Blu-ray/ブルーレイ] ワイルド・スピード EURO MISSION[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,500 人気カーアクション「ワイルド・スピード」シリーズ第6作。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ザ・プレデターの評論 ザ・プレデター 男臭くて血しぶき飛び散る1980年代テイストを甦らせた“狂い咲き”の快作
  • かごの中の瞳の評論 かごの中の瞳 人間関係の“深い闇”が描き込まれた、欲張りでチャレンジングな1作
  • 運命は踊るの評論 運命は踊る 判りやすく迎合するばかりの安易な映画を退ける監督の覚悟に圧倒される
映画評論の一覧を見る
Jobnavi