【国内映画ランキング】「名探偵コナン」V4でゴールデンウィーク制す : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年5月7日 > 【国内映画ランキング】「名探偵コナン」V4でゴールデンウィーク制す
メニュー

【国内映画ランキング】「名探偵コナン」V4でゴールデンウィーク制す

2018年5月7日 19:30

GW興行を制す「機動戦士ガンダム THE ORIGIN 誕生 赤い彗星」

GW興行を制す
(C)2018 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 5月5~6日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。ゴールデンウィーク後半の週末興行を締めくくったのは好調「名探偵コナン ゼロの執行人」。週末2日間で観客動員41万8000人、興行収入5億5200万円を稼ぎ、4週連続首位を獲得した。ファミリーを中心に幅広い層を動員し続け、累計動員は479万人、興収は62億円を突破している。

2位は「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」がキープ。週末2日間で動員26万6000人、興収4億0800万円をあげ、累計動員は171万人、興収は25億円を超えた。

新作「ラプラスの魔女」は3位に初登場。同作は、東野圭吾のベストセラー小説を三池崇史監督、櫻井翔広瀬すず福士蒼汰の初共演で映画化したサスペンスミステリー。5月4日から全国323スクリーンで公開され、土日2日間で動員20万8000人、興収2億7800万円を記録した。これは昨年公開され、最終興収14.6億円を記録した広瀬出演「三度目の殺人」の興収比119.3%となっている。公開から3日間では動員37万3000人、興収4億9500万円を記録しており、まずは興収15億円超えが期待できる好スタートを切った。

4位「映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ 拉麺大乱」も好調をキープ。累計動員は124万人、興収は14億円を突破した。「レディ・プレイヤー1」は興収18億円を突破したが5位に後退。公開7週目の「ボス・ベイビー」は8位に順位をひとつ上げ、興収33億円を超えている。

なお、人気アニメ「機動戦士ガンダム」の原点を描くシリーズ第6話「機動戦士ガンダム THE ORIGIN 誕生 赤い彗星」は9位スタートとなった。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi