樹木希林、山崎努主演作「モリのいる場所」夫婦役での初共演に感激 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年4月22日 > 樹木希林、山崎努主演作「モリのいる場所」夫婦役での初共演に感激
メニュー

樹木希林、山崎努主演作「モリのいる場所」夫婦役での初共演に感激

2018年4月22日 15:35

「仙人」と呼ばれた画家と妻の一日を描く「モリのいる場所」

「仙人」と呼ばれた画家と妻の一日を描く
[拡大画像]

[映画.com ニュース]伝説の画家・熊谷守一を描いた映画「モリのいる場所」完成披露試写会が4月22日都内であり、山崎努樹木希林吉村界人青木崇高池谷のぶえら出演者と沖田修一監督が舞台挨拶に立った。

時流に無頓着で文化勲章も辞退し、「仙人」と呼ばれた守一と、そんな夫との暮らしを楽しんでいる妻・秀子の結婚52年目(昭和49年)のある1日の物語を紡ぐ。

モリこと守一を演じた山崎は、「昨夏撮影が終わって、偶然にもこの春、国立近代美術館で展覧会があり、ちょっとした熊谷ブームが起きたそう。ぼくも取材を受け、それ以来、守一さんとずっと付き合っています。そして今日、皆さんに映画見ていただいて完成、一段落です。ありがとうございます」と喜びを語る。

守一の妻、秀子を演じた樹木は、「文学座の先輩で、私が入団した当時、山崎さんは黒澤さんの映画に出ていた憧れの人で、まったく遠い人。ただの一度も同じ画面で芝居したことない」「(出演オファーの)電話をいただき、(主演が)山崎さんですと聞いて、『やらせていただきたい!』とすぐに言いました。18歳以来、本当にそんなことがあると思っていませんでした。とてもありがたい気持ちでした」と初共演を喜んだ。

そのコメント受けた山崎は、「撮影に入って、希林さんの演技を見て、守一さんが独自の生き方をして、自宅から30年出ないという生活ができたのは、母ちゃんの力、希林さんの演技力だなと思いました。(劇中で)彼女が花を投げるシーンは、アドリブで、現場で見ていてぐっと来ました」と息ぴったりの夫婦役を述懐した。

また、樹木は、脚本も担当した沖田監督について「私は、好き嫌いが激しいので、なかなか人を認めたくないタイプの人間。沖田監督は、役者として一番うれしい、人間を描くことを見てくれる。最近は、枠の中で役者ではなく映像の出来だけを見る監督が増えている中、若いのに人を見よう、人を作ろうとしている監督。期待しています」と手腕を褒め称え、激励した。

モリのいる場所」は、5月19日から東京・シネスイッチ銀座、ユーロスペース、シネ・リーブル池袋、イオンシネマほか全国で公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi