三上博史、山崎努&樹木希林との再共演に歓喜 「モリのいる場所」で謎の男役に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年12月18日 > 三上博史、山崎努&樹木希林との再共演に歓喜 「モリのいる場所」で謎の男役に
メニュー

三上博史、山崎努&樹木希林との再共演に歓喜 「モリのいる場所」で謎の男役に

2017年12月18日 16:00

「もう一度ご一緒したかった」と出演を快諾「モリのいる場所」

「もう一度ご一緒したかった」と出演を快諾
(C)2018「モリのいる場所」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の三上博史が、山崎努樹木希林の初共演作「モリのいる場所」(沖田修一監督)に出演していることがわかった。山崎とは寺山修司の遣作「さらば箱舟」、樹木とは詩人・中原中也に扮したドラマ「汚れっちまった悲しみに」で共演したことがある三上。「山崎努さんや樹木希林さんに、以前たいへんお世話になったので、もう一度ご一緒したかった」と出演オファーを快諾した理由を明かしている。

本作は、昭和49年、自宅の庭でひたすら虫、鳥、草花を見つめ“仙人”と呼ばれた97歳の画家・熊谷守一が過ごす、ある夏の1日をフィクションとして描くもの。30年間ほとんど外へ出ることなく、庭の生命を見つめ描き続けた伝説の画家・熊谷守一ことモリ(山崎)と、陰日向になって支える妻・秀子(樹木)や彼を愛する人々の、可笑しくも温かな1日の光景をとらえている。

歴史的著名人や女性、変人、父親、マエストロと常にイメージにとらわれない様々な役柄に挑戦してきた三上。本作では、モリや秀子、熊谷家を訪れる人々が誰も知らない謎めいた男役に挑んでいる。「俳優はひとりではできない仕事です。いつも仲間たちと一緒に作品を作っています。監督、プロデューサー、スタッフのみなさん。そして、直接やりとりをする共演者たち。ですが、これらは一期一会なんです。『また、一緒に作品作りがしたいなあ』と思っても、いつのことになるか誰にもわかりません。なので、そんな機会があれば逃すことはできません」と本作への参加に迷いはなかったようだ。

三上の出番はわずかだったが、山崎と樹木との芝居に臨むにあたり「自分次第で、しっかりとお二人に撮影現場で、なにかを共有できるのではないかと思ったからです」と考えた。「会いたかった沖田監督とのはじめての出会いも、重要なことのひとつでした」と振り返ると「そんな個人的な想いから参加することになった今作ですが、最後に作品を完成させるのは見てくださるみなさんです。みなさんとの出会いに感謝します」とコメントを寄せている。

モリのいる場所」は、18年5月に東京・シネスイッチ銀座、渋谷ユーロスペース、シネ・リーブル池袋ほか全国公開。

(映画.com速報)
さらば箱舟<HDニューマスター版>[DVD] さらば箱舟<HDニューマスター版>[DVD] 最安価格: ¥1,581 架空の小さな村を舞台に、約一世紀にわたる一家の興亡を描く一大叙事詩。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi