山崎努&樹木希林が円熟の芸術家夫婦を演じる「モリのいる場所」ポスター、新場面写真公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年3月2日 > 山崎努&樹木希林が円熟の芸術家夫婦を演じる「モリのいる場所」ポスター、新場面写真公開
メニュー

山崎努&樹木希林が円熟の芸術家夫婦を演じる「モリのいる場所」ポスター、新場面写真公開

2018年3月2日 07:00

いぶし銀の二人が演じる穏やかな夫婦愛「モリのいる場所」

いぶし銀の二人が演じる穏やかな夫婦愛
(c)2017「モリのいる場所」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース]山崎努樹木希林が初共演を果たし、伝説の画家・熊谷守一夫妻を演じた映画「モリのいる場所」ポスターと新場面写真が公開された。

時流にも無頓着で「仙人」と呼ばれた熊谷と、夫とともに人生の荒波を乗り越え、ちょっと変わった夫との暮らしを楽しんでいる妻・秀子。庭と生き物を愛した画家夫婦の結婚52年目(昭和49年)の夏の1日を「横道世之介」の沖田修一監督・脚本で描く。

ポスターからは、94歳にして、「まだまだ生きるもっと描く」と意気込む夫と、変わり者の夫を笑顔でまるごと受け入れる妻、秀子のおおらかさが感じられる。場面写真は、書を書くモリのために硯で墨をする秀子、夫婦で庭の生き物を愛でる場面、モリは庭へ冒険へ、秀子は洗濯という朝の光景、夫婦で囲碁というあたりまえの日常の大切さが伝わってくるシーンを切り取った。

山崎が演じる画家モリ(熊谷守一)は94歳。猫、アリ、カマキリ、アゲハチョウ、オニユリなど、毎日、庭のちいさな生命たちを飽くことなく眺め、絵を描いてきた。50歳を過ぎてからその才能が認められ、暮らし向きは良くなったが、相変わらず周囲の期待通りには筆が進まない。樹木が演じる妻・秀子は76歳。生活のことなどどこ吹く風の夫と世間の間に立ち、毎夜アトリエに送り出す。加瀬亮吉村界人光石研青木崇高三上博史吹越満池谷のぶえ、きたろう、林与一ら、日本映画を支えるあらゆる世代の実力派たちが結集して、熊谷家の1日を賑わせる。

現在、熊谷の大規模回顧展「没後40年 熊谷守一 生きるよろこび」東京国立近代美術館で開催中(3月21日まで)のほか、小説版「モリのいる場所小林雄次著(朝日文庫)が4月7日、「モリカズさんと私」(文藝春秋)3月8日、「コロナ・ブックス「熊谷守一」」(平凡社)が5月下旬発売予定だ。映画「モリのいる場所」は5月、シネスイッチ銀座、ユーロスペース、シネ・リーブル池袋、イオンシネマ他全国で公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ザ・プレデターの評論 ザ・プレデター 男臭くて血しぶき飛び散る1980年代テイストを甦らせた“狂い咲き”の快作
  • かごの中の瞳の評論 かごの中の瞳 人間関係の“深い闇”が描き込まれた、欲張りでチャレンジングな1作
  • 運命は踊るの評論 運命は踊る 判りやすく迎合するばかりの安易な映画を退ける監督の覚悟に圧倒される
映画評論の一覧を見る
Jobnavi