アリシア・ビカンダー&ライリー・キーオ、日本が舞台の小説「アースクエイク・バード」映画化で共演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年4月8日 > アリシア・ビカンダー&ライリー・キーオ、日本が舞台の小説「アースクエイク・バード」映画化で共演
メニュー

アリシア・ビカンダー&ライリー・キーオ、日本が舞台の小説「アースクエイク・バード」映画化で共演

2018年4月8日 11:30

アリシア・ビカンダー&ライリー・キーオ「トゥームレイダー ファースト・ミッション」

アリシア・ビカンダー&ライリー・キーオ
Photo by Desiree Navarro/WireImage、
Photo by Noam Galai/WireImage
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 作家スザンナ・ジョーンズ著のサスペンス小説「アースクエイク・バード」を、Netflixが映画化することがわかった。英エンパイアによれば、アリシア・ビカンダー(「リリーのすべて」「エクス・マキナ」)とライリー・キーオ(「マッドマックス 怒りのデス・ロード」)が共演する。

原作は、故郷イギリスを捨て、日本に住んで10年になるルーシー・フライが主人公。渋谷で翻訳の仕事をしているルーシーは、日本人カメラマンの禎司と交際しているが、あるとき知り合いのイギリス人女性リリー・ブリッジズと思われる死体が東京湾で発見され、ルーシーは殺害の容疑者となる、というストーリーだ。

映画は、ジュリアン・ムーアがアカデミー賞主演女優賞を受賞した「アリスのままで」のウォッシュ・ウエストモアランドが、自ら執筆した脚本をもとに、メガホンをとる。撮影は5月より、東京、佐渡島で行われる予定だ。

ビカンダーは、アンジェリーナ・ジョリー主演「トゥームレイダー」シリーズをリブートした「トゥームレイダー ファースト・ミッション」に主演しており、現在日本公開中。

キーオは、「イット・フォローズ」のデビッド・ロバート・ミッチェル監督・脚本の新作スリラー「Under the Silver Lake(原題)」でアンドリュー・ガーフィールドと共演しており、6月22日から全米公開。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi