イーストウッド監督「15時17分、パリ行き」ポスター公開!映画化に踏み切った理由も告白 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年2月3日 > イーストウッド監督「15時17分、パリ行き」ポスター公開!映画化に踏み切った理由も告白
メニュー

イーストウッド監督「15時17分、パリ行き」ポスター公開!映画化に踏み切った理由も告白

2018年2月3日 10:00

モノクロ調のシリアスなデザイン「15時17分、パリ行き」

モノクロ調のシリアスなデザイン
(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED
AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT INC.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「アメリカン・スナイパー」「ハドソン川の奇跡」を手がけたクリント・イーストウッド監督の最新作「15時17分、パリ行き」の日本版ポスターが、公開された。

2015年に起こったタリス銃乱射事件を題材に、実際の事件に巻き込まれた人物を“本人役”としてキャスティングした作品。554人の乗客が乗るアムステルダム発パリ行きの高速鉄道タリス車内で、武装したイスラム過激派の男が自動小銃を発砲。たまたま乗り合わせていた幼なじみの若者3人が、テロリストに立ち向かっていく。第90回アカデミー賞脚色賞にノミネートされた「LOGAN ローガン」でアシスタントを務めた新人脚本家ドロシー・ブリスカルが、脚本を担当した。上映時間は、イーストウッド監督史上最短となる94分となる。

ポスターでは、駅で電車に乗り込もうとする幼なじみ3人の後ろ姿がモノクロで切り取られており、これから彼らの身に起こる壮絶な事件を予感させる。同時に、画面の奥には光が描かれており、“希望”を象徴しているようにも映る。

本作の映画化は、16年にイーストウッド監督が、米スパイクテレビ主催のイベントで3人に“英雄賞”を贈る役目をオファーされたことから動き出したという。その場で、3人が事件を書籍化しようと考えていると知ったイーストウッド監督は、「私にも本を見せてほしい。何が起こるかなんてわからないからね」と伝え、その後完成した本を読んだ上で、映画化を決意したという。

最大の見せ場となる3人とテロリストが対じする列車内のシーンは、限られた条件下、緊張感が漂う中で撮影されたという。イーストウッド監督は、「窮屈な場所での撮影を成功させるためにかけたエネルギーは、映画の中にちゃんと存在しているはずだ。フィルムは再装填する余分な時間がかかるから、デジタルで撮影する必要があった。私はその時間も惜しかったんだ。常に準備し、まるでニュース映像のような撮影だった。チャンスは1度きりだった」と回想している。

15時17分、パリ行き」は、3月1日から全国公開。

(映画.com速報)
アメリカン・スナイパー[Blu-ray/ブルーレイ] アメリカン・スナイパー[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,490 巨匠クリント・イーストウッド監督が《伝説のスナイパー》の4度にわたるイラク派兵とその半生を描く戦争ドラマ。
ハドソン川の奇跡[Blu-ray/ブルーレイ] ハドソン川の奇跡[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,490 名匠クリント・イーストウッド監督がトム・ハンクスを主演に迎え、2009年のアメリカ・ニューヨークで起こり、奇跡的な生還劇として世界に広く報道された航空機事故を、当事者であるチェズレイ・サレンバーガー機長の手記「機長、究極の決断 『ハドソン川』の奇跡」をもとに映画化。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi