徹底的に事実を再現!イーストウッド監督最新作「15時17分、パリ行き」舞台裏映像公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年1月17日 > 徹底的に事実を再現!イーストウッド監督最新作「15時17分、パリ行き」舞台裏映像公開
メニュー

徹底的に事実を再現!イーストウッド監督最新作「15時17分、パリ行き」舞台裏映像公開

2018年1月17日 12:00

待望の最新監督作「15時17分、パリ行き」

待望の最新監督作
(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.,
VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED AND
RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT INC.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「アメリカン・スナイパー」「ハドソン川の奇跡」を手がけたクリント・イーストウッド監督の最新作「15時17分、パリ行き」の特別映像が、公開された。メイキング映像と、イーストウッド監督や出演者のコメント映像で構成されている。

2015年に起こったタリス銃乱射事件を題材に、実際の事件に巻き込まれた人物を“本人役”としてキャスティングした作品。554人の乗客が乗るアムステルダム発パリ行きの高速鉄道タリス車内で、武装したイスラム過激派の男が自動小銃を発砲。たまたま乗り合わせていた幼なじみの若者3人が、テロリストに立ち向かっていく。「LOGAN ローガン」「夜に生きる」などでアシスタントを務めてきた、新人脚本家ドロシー・ブリスカルが脚本を担当した。

イーストウッド監督は、「意識して英雄をとり上げてはいないが、普通の人々による偉業は興味深いものだ。主人公の3人は幼なじみで普通の若者たち。彼らはとっさの行動が要求された。ある日、パリ行きの列車に乗っていた500人の命を救うためにね」と解説し、「数多くの俳優たちに会ったが、実際の体験者に演じてもらうことが面白い試みだと思った。彼らはやる気になってくれて、天性の才能を発揮し、事件当時を再現することでカタルシスも得られた」と前代未聞の挑戦に踏み切った理由を語っている。

大役を任された幼なじみ3人の1人、スペンサー・ストーンは「撮影現場を見まわし、信じられなかった。イーストウッド映画で、自分自身を演じるなんて。僕の人生を!」と驚きを隠せない様子。アンソニー・サドラーは「追体験した感じだ。あんなにすごい体験をやり直すなんて。2年前から自分たちがどう変化したか、実感できた」、アレク・スカラトスは「“英雄”なんて呼ばれると、びっくりしてしまう。僕らは生きているだけで感謝している。衝撃的な行動だったし、神の見守りで生き延びられた」とそれぞれ語っている。

映像では、スリリングな列車内のシーンの舞台裏がふんだんに盛り込まれている。イーストウッド監督は、映像の最後で「これは実際に彼らが体験した物語だ。事実なんだよ」と締めくくっている。

15時17分、パリ行き」は、3月1日から全国公開。

(映画.com速報)
アメリカン・スナイパー[Blu-ray/ブルーレイ] アメリカン・スナイパー[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,490 巨匠クリント・イーストウッド監督が《伝説のスナイパー》の4度にわたるイラク派兵とその半生を描く戦争ドラマ。
ハドソン川の奇跡[Blu-ray/ブルーレイ] ハドソン川の奇跡[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,490 名匠クリント・イーストウッド監督がトム・ハンクスを主演に迎え、2009年のアメリカ・ニューヨークで起こり、奇跡的な生還劇として世界に広く報道された航空機事故を、当事者であるチェズレイ・サレンバーガー機長の手記「機長、究極の決断 『ハドソン川』の奇跡」をもとに映画化。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi