夜に生きる

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
夜に生きる

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

アカデミー賞を受賞した「アルゴ」以来となるベン・アフレックの監督作で、「ミスティック・リバー」やアフレックの初長編監督作「ゴーン・ベイビー・ゴーン」でも知られるデニス・ルヘインのノワール小説を映画化した犯罪ドラマ。禁酒法時代のボストンで厳格な家庭に育ったジョーは、警官幹部である父に反発し、ギャングの世界に足を踏み入れていく。ある日、強盗に入った賭博場でジョーはエマと出会い、やがて2人は恋に落ちる。しかし、エマは対立組織のボスの娼婦で、超えてはいけない一線を超えてしまったジョーの運命は大きく狂わされていく。共演にエル・ファニング、ブレンダン・グリーソン、クリス・メッシーナ。アフレックは監督のほか製作、脚本、主演も務めている。

2017年製作/129分/PG12/アメリカ
原題:Live by Night
配給:ワーナー・ブラザース映画

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9

(C) 2016 Warner Bros. All Rights Reserved.

映画レビュー

3.5「ザ・タウン」の別バージョンのようにも感じられる一作

2017年11月18日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
ぐうたら

4.0映像美も楽しめるギャング映画

AuVisさん
2017年5月30日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

興奮

禁酒法時代のギャングを描く映画というと、古色然とした映像タッチになることが多いが、このベン・アフレック最新作はクリアで高精細な映像美を追求した印象。マイケル・マン監督の「パブリック・エネミーズ」も似た傾向があったが、あちらはデジタルカメラ特有の冷たさが気になったと記憶している。本作はクールだが味わい深い絶妙な映像に仕上げてきたように思う。

中盤まではアクションを比較的抑えめに進めるぶん、終盤のホテルでの銃撃戦シーンが大いに盛り上がる。アフレックの仏頂面も、感情を押し殺すこのキャラクターにプラスにはたらいたようだ。アクションといえば、屋上から人を突き落とすシーンなど、VFXをさりげなく使ってインパクト大の効果を生んでいる点でも楽しませてくれる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
AuVis

3.5無法地帯

たけおさん
2019年9月21日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

知的

ギャングが好き勝手なことをはしていた中で生きる男の生き様です。
かなりチープなどんぱちは多いですが、飽きせずに流れが良かったです。
また、いい役者がたくさん出ているのも見どころです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
たけお

3.0ブレンダン・グリーソン祭りー

なおさん
2019年6月16日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

ここでは厳格な警察官の父ちゃん役。好感の持てない人物だが、この父親との関係がメインの筋かと思ったら…。
役の上でもアイリッシュだと明言されている役が多い気がするが、アイリッシュとはっきりわかるような特徴があるのだろうか。

ルヘインの原作は未読。正直なところ、出所するまでの父親との関係をもっとじっくり描いて欲しかったが。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
なお
すべての映画レビューを見る(全58件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る